2024年01月19日

CSS(中国宇宙ステーション)の上空通過

★ CSS(中国宇宙うちゅうステーション)の上空通過つうかが、1月19日〜22日の夜に見られます。いずれも、西〜北西方向から東〜南東方向へ通過つうかしてゆきます。
【見える時間】
 1/19 18:14 → 18:18
 1/20 18:50 → 18:53(地球のかげに入り光らなくなる)
 1/21 17:49 → 17:55
 1/22 18:24 → 18:30
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からのきょりが遠く、観察かんさつがむずかしいものはのせていません。また、CSSの軌道きどう変更へんこうにより、通過時刻じこくが2〜3分ずれることがあります。)

★ CSS(中国宇宙ステーション)は、望遠鏡ぼうえんきょう双眼鏡そうがんきょうを使わなくても、まちなかで肉眼にくがんで見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機ひこうきかと思うくらい明るい(1等星の数倍〜十数倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅てんめつせず音もしないので、飛行機と区別くべつがつきます。

★ CSSは中国が建設けんせつした宇宙ステーションです。2021年4月に建設が始まり、2022年11月に長さ20mはば36mの宇宙ステーションが完成しました。

★ 次回は2月28日ごろに見られる予定です。

CSS_orbit_20240119
CSS_pass_20240119
CSS_orbit_20240120
CSS_pass_20240120
CSS_orbit_20240121
CSS_pass_20240121
CSS_orbit_20240122
CSS_pass_20240122
(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)
posted by rihaku at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2024年01月14日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ ISS(国際こくさい宇宙うちゅうステーション)の上空通過つうかが、1月14日〜17日の夜に見られます。特に1月15日は奈良のほぼ真上を通過するので、とても明るく見えます(マイナス3.9等級、1等星の90倍の明るさ)。
いずれも、南西方向から北東方向へ通過してゆきます。
【見える時間】
 1/14 19:01 → 19:03(地球のかげに入り光らなくなる)
 1/15 18:12 → 18:17
 1/17 18:11 → 18:17
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からのきょりが遠く、観察かんさつがむずかしいものはのせていません。また、ISSの軌道きどう変更へんこうにより、通過時刻じこく予報よほうから2〜3分ずれることがあります。)

★ ISSには、日本人宇宙うちゅう飛行士ひこうし古川さとしさんが、2023年8月から乗りこんでいます。

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡ぼうえんきょう双眼鏡そうがんきょうを使わなくても、まちなかで肉眼にくがんで見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機ひこうきかと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅てんめつせず音もしないので、飛行機と区別くべつがつきます。

★ 次は2月1日ごろに見られる予定です。

ISS_orbit_20240114
ISS_pass_20240114
ISS_orbit_20240115
ISS_pass_20240115
ISS_orbit_20240117
ISS_pass_20240117
(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)
タグ:ISS
posted by rihaku at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2024年01月11日

1月〜2月の月

★ 2024年1月〜2月(旧暦2023年12月)の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、1月13日〜29日の間です。その後、1月30日〜2月12日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
01/11 07:00 16:31 ● 新月
     12 07:55 17:45
     13 08:41 19:01
     14 09:19 20:16 ★ 土星と接近
     15 09:52 21:27
     16 10:21 22:36
     17 10:49 23:44
     18 11:18 00:51(翌日よくじつ◐ 半月(上弦じょうげん★ 木星と接近、月面Xが見られる
     19 11:49 01:59( 〃 )
     20 12:23 03:06( 〃 ) ★ プレアデス星団と接近
     21 13:03 04:10( 〃 )
     22 13:49 05:11( 〃 )
     23 14:42 06:05( 〃 )
     24 15:40 06:51( 〃 )
     25 16:40 07:29( 〃 ) ○ 満月
     26 17:41 08:02( 〃 )
     27 18:41 08:30( 〃 )
     28 19:39 08:55( 〃 )
     29 20:35 09:18( 〃 )
     30 21:30 09:41( 〃 )
     31 22:26 10:04( 〃 )
02/01 23:23 10:29( 〃 )
     02(月は上りません)
     03 00:22 10:57 ◑ 半月(下弦かげん
     04 01:25 11:31
     05 02:30 12:12
     06 03:37 13:03
     07 04:41 14:05
     08 05:39 15:17
     09 06:29 16:33

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2024年01月09日

CSS(中国宇宙ステーション)の上空通過

★ CSS(中国宇宙うちゅうステーション)の上空通過つうかが、1月9日〜13日の夜に見られます。いずれも、西〜南西方向から東〜北東方向へ通過つうかしてゆきます。
【見える時間】
 1/09 18:38 → 18:41(地球のかげに入り光らなくなる)
 1/10 17:35 → 17:40
 1/11 18:07 → 18:12
 1/12 18:41 → 18:43
 1/13 17:37 → 17:43
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からのきょりが遠く、観察かんさつがむずかしいものはのせていません。また、CSSの軌道きどう変更へんこうにより、通過時刻じこくが2〜3分ずれることがあります。)

★ CSS(中国宇宙ステーション)は、望遠鏡ぼうえんきょう双眼鏡そうがんきょうを使わなくても、まちなかで肉眼にくがんで見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機ひこうきかと思うくらい明るい(1等星の数倍〜十数倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅てんめつせず音もしないので、飛行機と区別くべつがつきます。

★ CSSは中国が建設けんせつした宇宙ステーションです。2021年4月に建設が始まり、2022年11月に長さ20mはば36mの宇宙ステーションが完成しました。

★ 次回は1月19日ごろに見られる予定です。

CSS_orbit_20240109
CSS_pass_20240109
CSS_orbit_20240110
CSS_pass_20240110
CSS_orbit_20240111
CSS_pass_20240111
CSS_orbit_20240112
CSS_pass_20240112
CSS_orbit_20240113
CSS_pass_20240113
(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)
posted by rihaku at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2024年01月03日

水星が観望好期

★ 1月3日〜20日ごろ、日の出前の南東のひくい空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上いじょうはなれないので、上ってから1時間もすると空が明るくなってしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。1月3日〜20日ごろは、水星が太陽からはなれていて、日の出前の高さが高く、観望かんぼう好期こうきです。
この時期は日の出がおそいので、あまい早く起きなくても水星を見ることができます。冬休みにぜひ観察かんさつしてみましょう。

★ 水星はとても低くに(地平線からの高さが5〜10度)見えるので、南東の方向に見晴らしのよい場所で、朝6時〜6時半ごろに観察かんさつしてみましょう。日の出前の高さがもっとも高いのは1月9日ですが、水星は日に日に明るくなるので、期間の後半のほうが見つけやすいでしょう。1等星の数倍の明るさなので肉眼にくがんで見えますが、双眼鏡そうがんきょうがあればさがしやすいでしょう。南東の空には金星が明るくかがやいています。金星を目印めじるしに左下をさがすとよいでしょう。太陽をあやまって見ないため、双眼鏡での観察は太陽が上る7時には終わるようにして下さい。

★ 1月9日には、近くに細い月も見えます。

★ 水星の次の観望好期は、3月後半の夕方です。

水星_20240103-0121.jpg
(背景の星は1月9日の位置。画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
posted by rihaku at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期