2021年10月14日

月と土星、木星が接近

★ 10月14日と15日、月と土星、月と木星がそれぞれ接近します。 月、木星、土星は、空が暗くなり始める18時ごろには南東〜南の空に見えていて、0時頃に沈むまで南〜南西の空に見えています。14日の月と土星、15日の月と木星はどちらも約4.5度(月の直径の9倍)に近づいて見えます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)

月、木星、土星_20211014.png
月、木星、土星_20211015.png

タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年10月09日

月と金星が接近

★ 10月9日、10日の夕方、月と金星の接近が見られます。
★ 18時〜18時半頃に、南西の空低くに、約7度(月の直径の14倍)の間隔に接近した細い月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、南西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は3倍に拡大して描いています。)
月、金星_20211009.png
月、金星_20211010.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年09月10日

月と金星が接近

★ 9月10日の夕方、月と金星の接近が見られます。
★ 18時半〜19時半頃に、西の空低くに、約3.5度(月の直径の7倍)の間隔に接近した細い月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。
金星の右下にはおとめ座の1等星スピカ、さらにその右下には水星がありますが、空がまだ明るい上に超低空なので、肉眼で探すのは少し難しいでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)

月、金星_20210910.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年08月11日

月と金星が接近

★ 8月11日の夕方、月と金星の接近が見られます。
★ 19時半〜20時頃に、西の空低くに、約3度(月の直径の6倍)の間隔に接近した細い月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。月の影の部分に地球の光があたってうっすらと見える「地球照」も観察してみましょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)

月、金星_20210811.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年07月10日

金星、火星、月が集合

★ 7月10日〜16日ごろ、金星と火星が接近して見えます。最も接近するのは13日で、0.5度(満月1個分)にまで大接近します。
金星は19時半ごろ、火星は20時ごろから、西の空低くに見えますが、20時半すぎには沈んで見えなくなってしまいます。西の方角に見晴らしの良い場所で、機会を逃さず観察しましょう。
火星は2等級で、金星(マイナス4等級)の200分の1の暗さなので、肉眼では見えないかも知れません。その場合は、双眼鏡で観察してみましょう。
★ 12日には、接近中の金星、火星にさらに細い月(三日月)が接近します。月と金星の接近は肉眼でも楽しむことが出来るでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の2倍の大きさで描いています。)

月、金星、火星_20210710-16.png
タグ: 金星 火星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年06月12日

月と金星が接近

★ 6月12日、月と金星の接近が見られます。
★ 20時前後に、西北西の空低くに、約1度(月の直径の2倍)の間隔に接近した月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。当日は旧暦5月3日なので、文字通りの「三日月」で、月は細いです。月の影の部分に地球の光があたってうっすらと見える「地球照」も観察してみましょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)

月、金星_20210612.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年05月16日

月と火星が接近

★ 5月16日、月と火星の接近が見られます。
★月と火星は日没後の西の空に見えます。空が暗くなる19時半ごろは2度(月の直径の4倍)くらいの間隔ですが、次第に遠ざかってゆき、火星が沈む22時頃には3度くらいの間隔です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は3倍に拡大して描いています。)

月、火星_20210516.png
タグ: 火星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年04月17日

月と火星が接近

★ 4月17日、月と火星の接近が見られます。
★月と火星の間隔は、空が暗くなる19時半ごろは1.5度(月の直径の3倍)くらいですが、次第に間隔がせばまってゆき、月と火星が沈む23時頃には0.4度(月の直径以下)にまで大接近します。
インドや東南アジアでは火星が月に隠される火星食として見えます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は4倍に拡大して描いています。)

月、火星_20210417.png
タグ: 火星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年03月19日

月と火星、アルデバランが接近

★ 今月、火星はおうし座の中を移動していますが、3月19日、月と火星、アルデバラン(おうし座の1等星)の接近が見られます。
★3天体の接近は、19時頃から23時頃まで、西の空で見ることが出来ます。火星とアルデバランの2つの赤い星が目、月が口で、ちょうどスマイルマーク ★ のように見えることでしょう。
★また、18:56頃には、ISS(国際宇宙ステーション)が、それらの天体の間を通って行く様子が観察できます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)
月、火星、アルデバラン_20210319.png
火星・おうし座・月
posted by rihaku at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2020年12月17日

木星、土星が大接近

★ 12月13日〜29日の間、木星と土星が間隔1度以下に大接近します。
最も接近するのは21日から22日にかけてで、約0.1度にまで超大接近します。前後数日間は、100倍程度の望遠鏡で見ても同じ視野に見えますので、望遠鏡をお持ちの方はぜひ望遠鏡で観察してみて下さい。
木星、土星は、空が暗くなり始める17時半ごろには南西の空低くに見えていますが、1時間ほどで沈んでしまうので、見逃さないようにしましょう。
★ 12月17日には、大接近中の木星、土星にさらに月が接近します。
★ 次に木星と土星が接近するのは2040年、今年のように1度以下にまで接近するのは2080年です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)
月・木星・土星_20201217.png

【12月16日から27日までの、木星、土星とその衛星の望遠鏡(66倍)での見え方。望遠鏡で見たときの向きに合わせて上下左右反転しています。】
木星・土星_20201216.png木星・土星_20201217.png木星・土星_20201218.png木星・土星_20201219.png木星・土星_20201220.png木星・土星_20201221.png木星・土星_20201222.png木星・土星_20201223.png木星・土星_20201224.png木星・土星_20201225.png木星・土星_20201226.png木星・土星_20201227.png
タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象