2022年11月11日

月と火星が接近

★ 11月11日夜、月と火星の接近せっきんが見られます。一晩ひとばん中、肉眼にくがんで見ることができます。
★ もっとも接近するのは20時ごろで、1.7度(満月まんげつ3〜4こ分)まで接近しますが、まだ高さが低いので21時ごろのほうが観察かんさつしやすいでしょう。双眼鏡そうがんきょう低倍率ていばいりつ(16倍)の望遠鏡ぼうえんきょうで、月と火星を同じ視野しやに見ることができます。

月・火星_20221111.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は3倍に拡大して描いています。)
タグ: 火星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年10月08日

十三夜、月と木星が接近

★ 10月8日夜から9日明け方にかけて、月と木星の接近せっきんが見られます。ひとばん中、肉眼にくがんで見ることができます。
8日の20時ごろで5.5度(満月まんげつ11こ分)、9日の朝4時ごろで2度(満月4こ分)に接近して見えます。どの時間でも、双眼鏡そうがんきょうで月と木星を同じ視野しやに見ることができます。
★ 10月8日は十三夜でもあります。十三夜とは旧暦きゅうれき9月13日の夜で、十五夜(旧暦8月15日、中秋の名月、いも名月)に対し、豆名月またはくり名月とよばれ、昔からお月見の風習があります。少しけた名月とひときわ明るい木星の競演きょうえんを楽しんでみましょう。

月・木星、十三夜_20221008.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は3倍に拡大して描いています。)
タグ: 木星 十三夜
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年09月11日

月と木星が接近

★ 中秋の名月の翌晩よくばん、9月11日夜から12日明け方にかけて、月と木星の接近せっきんが見られます。一晩中、肉眼にくがんで見ることができます。
★ もっとも接近するのは12日明け方3時半ごろで、1.7度(満月まんげつ3こ分)まで接近します。11日の20時ごろでも、3.5度(満月7こ分)に接近しています。どの時間でも、双眼鏡そうがんきょうで月と木星を同じ視野しやに見ることができます。

月・木星_20220911.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は3倍に拡大して描いています。)
タグ: 木星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年04月25日

木星、金星、火星、土星、月が集合

★ 4月下旬〜5月上旬、日の出前の東の空で、木星、金星、火星、土星の集合が見られますが、4月25日〜28日にそこに月が加わります。
朝4時〜4時半ごろ東の空を見ると、木星、金星、火星、土星が左下から右上に一直線に並んでいます。
4月25日には土星と月が、26日には火星と月が、27日には金星と月が、28日には木星と月がそれぞれ接近します。
毎朝少しずつ変わってゆく惑星と月の位置を観察してみましょう。
★ 金星と木星は、日に日に近づいてゆき、5月1日にもっとも接近します。

四惑星と月_20220425.png
四惑星と月_20220426.png
四惑星と月_20220427.png
四惑星と月_20220428.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)

posted by rihaku at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年04月05日

火星と土星が大接近

★ 4月上旬、日の出前の南東の空で、火星と土星が大接近します。
朝4時半ごろ南東の空を見ると、ひときわ明るくかがやく金星(明けの明星)が見えますが、その右に火星、土星がならんでいるのを見つけることができます。
その火星と土星が、4月5日に約0.3度まで接近します。これは、100倍の望遠鏡で見ても同じ視野内に見える「超大接近」です。双眼鏡や望遠鏡を持っている人は、双眼鏡や望遠鏡でも観察してみましょう。
金星の明るさはマイナス4.4等級、火星の明るさは1.1等級、土星の明るさは0.8等級です。金星と火星は160倍、金星と土星は120倍の明るさの違いがあります。
★ 3惑星の集合は、4月いっぱい楽しむことが出来ます。4月下旬になると、これに木星が加わります。

火星・土星・金星_20220403.png
火星・土星・金星_20220405.png
火星・土星・金星_20220407.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。)
タグ:火星 土星
posted by rihaku at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年03月28日

金星、土星、火星、月が集合

★ 3月下旬〜4月上旬、日の出前の南東の空で、金星、土星、火星の集合が見られます。
朝5時ごろ南東の空を見ると、ひときわ明るくかがやく金星(明けの明星)が見えますが、その右をよく見ると火星、下を見ると土星を見つけることができます。金星の明るさはマイナス4.4等級、火星の明るさは1.1等級、土星の明るさは0.8等級です。金星と火星は160倍、金星と土星は120倍の明るさの違いがあります。
金星と土星は3月29日に約2度(満月4個分)まで接近します。
★ 土星はしだいに金星からはなれ、火星に近づいてゆき、4月5日ごろ大接近します。
★ 3月28日と29日には、三惑星の集合に細い月も加わります。

金星・土星・火星_20220328.png
金星・土星・火星_20220329.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の2倍の大きさで描いています。)

posted by rihaku at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年03月16日

金星と火星が接近

★ 3月中旬、日の出前の南東の空で、金星と火星がならんでいるようすを見ることができます。
4時半〜5時半ごろ南東の空を見ると、ひときわ明るくかがやく金星(明けの明星)が見えますが、その右下をよく見ると火星を見つけることができます。金星の明るさはマイナス4.5等級、火星の明るさは1.2等級で、200倍の明るさの違いがあります。
金星と火星が最も接近するのは3月16日で、約4度(満月8個分)まで接近します。
★ 左下からは、土星がじょじょに近づいてきます。土星は3月29日ごろに金星に、4月5日ごろに火星に接近します。

金星・火星_20220311.png
金星・火星_20220316.png
金星・火星_20220321.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。)

タグ:金星 火星
posted by rihaku at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年12月07日

月と金星、土星、木星が接近

★ 日の入り後の南西の空では、金星、土星、木星が等間隔に並んで輝いていますが、12月7、8、9日に、細い月がそれぞれに接近します。
間隔はどの日も約5度(満月10個分)です。日々変わってゆく月の位置と形に注目してみましょう。

月、金星、木星、土星_2021207-09.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)

posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年10月16日

金星とアンタレスが接近

★ 夕方の南西の空では、金星が宵の明星として輝いています。金星はさそり座の中を移動中ですが、10月16日ごろにさそり座の1等星アンタレスに接近します。
最も近づくのは16日で、約1.5度に近づいて見えます。高さが10度と低いので、南西の方向に見晴らしの良い場所で、夕方18時〜19時頃に観察してみましょう。アンタレスは1等星ですが、金星(マイナス4.4等級)と比べると1/150の暗さです。高さが低いこともあって、肉眼で探すのは難しいかもしれません。双眼鏡を使うと探しやすいでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
金星、アンタレス_20211016.png
posted by rihaku at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年10月14日

月と土星、木星が接近

★ 10月14日と15日、月と土星、月と木星がそれぞれ接近します。 月、木星、土星は、空が暗くなり始める18時ごろには南東〜南の空に見えていて、0時頃に沈むまで南〜南西の空に見えています。14日の月と土星、15日の月と木星はどちらも約4.5度(月の直径の9倍)に近づいて見えます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)

月、木星、土星_20211014.png
月、木星、土星_20211015.png

タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象