2021年10月16日

金星とアンタレスが接近

★ 夕方の南西の空では、金星が宵の明星として輝いています。金星はさそり座の中を移動中ですが、10月16日ごろにさそり座の1等星アンタレスに接近します。
最も近づくのは16日で、約1.5度に近づいて見えます。高さが10度と低いので、南西の方向に見晴らしの良い場所で、夕方18時〜19時頃に観察してみましょう。アンタレスは1等星ですが、金星(マイナス4.4等級)と比べると1/150の暗さです。高さが低いこともあって、肉眼で探すのは難しいかもしれません。双眼鏡を使うと探しやすいでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
金星、アンタレス_20211016.png
posted by rihaku at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年10月14日

月と土星、木星が接近

★ 10月14日と15日、月と土星、月と木星がそれぞれ接近します。 月、木星、土星は、空が暗くなり始める18時ごろには南東〜南の空に見えていて、0時頃に沈むまで南〜南西の空に見えています。14日の月と土星、15日の月と木星はどちらも約4.5度(月の直径の9倍)に近づいて見えます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)

月、木星、土星_20211014.png
月、木星、土星_20211015.png

タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年10月09日

月と金星が接近

★ 10月9日、10日の夕方、月と金星の接近が見られます。
★ 18時〜18時半頃に、南西の空低くに、約7度(月の直径の14倍)の間隔に接近した細い月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、南西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は3倍に拡大して描いています。)
月、金星_20211009.png
月、金星_20211010.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年09月10日

月と金星が接近

★ 9月10日の夕方、月と金星の接近が見られます。
★ 18時半〜19時半頃に、西の空低くに、約3.5度(月の直径の7倍)の間隔に接近した細い月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。
金星の右下にはおとめ座の1等星スピカ、さらにその右下には水星がありますが、空がまだ明るい上に超低空なので、肉眼で探すのは少し難しいでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)

月、金星_20210910.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年08月11日

月と金星が接近

★ 8月11日の夕方、月と金星の接近が見られます。
★ 19時半〜20時頃に、西の空低くに、約3度(月の直径の6倍)の間隔に接近した細い月と金星が見えます。肉眼で見ることが出来るので、西の方角に見晴らしのよいところで観察してみましょう。月の影の部分に地球の光があたってうっすらと見える「地球照」も観察してみましょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)

月、金星_20210811.png
タグ: 金星
posted by rihaku at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象