2023年06月18日

6〜7月の月

★ 6〜7月(旧暦2023年5月)の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、6月20日〜7月4日の間です。その後、7月5日〜7月21日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
06/18 04:16 19:33 ● 新月
     19 05:07 20:26
     20 06:02 21:12
     21 07:01 21:51
     22 08:00 22:24 ★ 金星、火星と接近
     23 08:59 22:53 ★ レグルス(しし座)と接近
     24 09:56 23:19
     25 10:53 23:43
     26 11:49 00:07(翌日よくじつ) ◐ 半月(上弦じょうげん
     27 12:47 00:31( 〃 )
     28 13:47 00:58( 〃 )
     29 14:51 01:29( 〃 )
     30 15:58 02:07( 〃 )
07/01 17:09 02:53( 〃 ) ★ アンタレス(さそり座)と接近
     02 18:21 03:51( 〃 )
     03 19:27 04:59( 〃 ) ○ 満月
     04 20:25 06:14( 〃 )
     05 21:14 07:30( 〃 )
     06 21:54 08:45( 〃 )
     07 22:27 09:56( 〃 )
     08 22:57 11:04( 〃 )
     09 23:25 12:10( 〃 ) ◑ 半月(下弦かげん
     10 23:53 13:15( 〃 )
     11 (月は上りません)
     12 00:22 14:20
     13 00:55 15:24
     14 01:31 16:27
     15 02:13 17:27
     16 03:02 18:22
     17 03:55 19:09

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年05月20日

5〜6月の月

★ 5〜6月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、5月22日〜6月4日の間です。その後、6月5日〜6月20日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
05/20 04:55 19:43 ● 新月
     21 05:36 20:45
     22 06:23 21:43
     23 07:15 22:33 ★ 金星と接近
     24 08:12 23:16
     25 09:11 23:53
     26 10:10 00:24(翌日よくじつ
     27 11:08 00:52( 〃 ) ◐ 半月(上弦じょうげん
     28 12:06 01:17( 〃 )
     29 13:03 01:41( 〃 )
     30 14:01 02:06( 〃 )
     31 15:01 02:32( 〃 ) ★ おとめ座のスピカと接近
06/01 16:04 03:01( 〃 )
     02 17:11 03:35( 〃 )
     03 18:21 04:17( 〃 )
     04 19:33 05:08( 〃 ) ○ 満月
     05 20:42 06:10( 〃 )
     06 21:44 07:20( 〃 )
     07 22:36 08:34( 〃 )
     08 23:19 09:47( 〃 )
     09 23:55 10:59( 〃 )

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年05月01日

金星の満ち欠け

★ 日の入り後の西の空で、金星がひときわ明るくかがやいています。
金星は5月〜7月にかけて、しだいに地球に近づくため、望遠鏡ぼうえんきょうで大きく見え、形が観察かんさつしやすくなります。
★ 金星は地球の内がわを回っているので、地球に近づいて地球と太陽の間に入ると、太陽にらされていないかげの部分が地球に向くようになり、月のようにけて見えます。100倍くらいの倍率ばいりつの望遠鏡で、形と大きさの変化へんかを観察してみましょう。

(リンク先の動画は NHK for school、画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。)


NHK for school「金星の満ち欠けは?」


NHK for school「金星の満ち欠けが起こるのは?」

金星_20230501.png
金星_20230601.png
金星_20230701.png
金星_20230716.png

タグ:金星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年04月20日

4〜5月の月

★ 4〜5月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、4月22日〜5月6日の間です。その後、5月7日〜5月22日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
04/20 05:18 18:40 ● 新月、沖縄、インドネシア、オーストラリアなどで日食
     21 05:48 19:47
     22 06:21 20:54
     23 06:59 21:58 ★ 金星と接近
     24 07:43 22:59
     25 08:32 23:53
     26 09:26 00:40(翌日よくじつ
     27 10:24 01:20( 〃 )
     28 11:23 01:54( 〃 ) ◐ 半月(上弦じょうげん
     29 12:22 02:24( 〃 )
     30 13:20 02:51( 〃 )
05/01 14:18 03:16( 〃 )
     02 15:16 03:40( 〃 )
     03 16:16 04:05( 〃 )
     04 17:17 04:33( 〃 )
     05 18:22 05:04( 〃 )
     06 19:30 05:41( 〃 ) ○ 満月、半影月食
     07 20:40 06:26( 〃 )
     08 21:50 07:20( 〃 )
     09 22:55 08:23( 〃 )
     10 23:52 09:33( 〃 )

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年04月03日

水星が観望好期

★ 4月3日〜15日ごろ、日の入り後の西のひくい空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上いじょうはなれないので、空が暗くなってから1時間もするとしずんでしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。4月3日〜15日ごろは、日の入り後の水星の高さが10度近くあり、今年一番の観望かんぼう好期こうきです。

★ 水星はとても低くに(地平線からの高さが5〜10度)見えるので、西の方向に見晴らしのよい場所で、19時〜19時半ごろに観察かんさつしてみましょう。日の入り後の高さがもっとも高いのは4月12日ですが、水星は日に日に暗くなるので、期間の前半のほうが見つけやすいでしょう。1等星の数倍の明るさなので肉眼にくがんで見えますが、双眼鏡そうがんきょうがあればさがしやすいでしょう。西の空には金星が明るくかがやいています。金星を目印めじるしに右下をさがすとよいでしょう。太陽をあやまって見ないため、双眼鏡での観察は太陽が沈む18時半以降いこうにして下さい。

水星の次の観望好期は、9月下旬げじゅんの明け方です。

水星_20230403-0415.jpg
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
タグ:水星
posted by rihaku at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年03月22日

3〜4月の月

★ 3〜4月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、3月24日〜4月7日の間です。その後、4月8日〜4月22日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
03/22 06:22 18:45 ● 新月
     23 06:50 19:53
     24 07:20 21:01 ★ 金星と接近
     25 07:52 22:07
     26 08:27 23:12
     27 09:07 00:14(翌日よくじつ
     28 09:52 01:11( 〃 ) ★ 火星と接近
     29 10:43 02:01( 〃 ) ◐ 半月
     30 11:38 02:45( 〃 )
     31 12:36 03:22( 〃 )
04/01 13:34 03:54( 〃 )
     02 14:33 04:23( 〃 )
     03 15:32 04:49( 〃 )
     04 16:30 05:14( 〃 )
     05 17:29 05:38( 〃 )
     06 18:29 06:04( 〃 ) ○ 満月
     07 19:31 06:32( 〃 )
     08 20:36 07:05( 〃 )
     09 21:44 07:44( 〃 )
     10 22:52 08:30( 〃 )
     11 23:59 09:26( 〃 )

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年02月20日

2〜3月の月

★ 2〜3月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、2月22日〜3月9日の間です。その後、3月10日〜3月24日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
02/20 06:49 17:36 ● 新月
     21 07:24 18:50
     22 07:56 20:00 ★ 金星と接近
     23 08:25 21:08 ★ 木星と接近
     24 08:54 22:15
     25 09:24 23:20
     26 09:56 00:24(翌日よくじつ
     27 10:32 01:26( 〃 ) ◐ 半月(上弦じょうげん
     28 11:13 02:24( 〃 ) ★ 火星と接近
03/01 12:00 03:18( 〃 )
     02 12:52 04:05( 〃 )
     03 13:47 04:47( 〃 )
     04 14:46 05:22( 〃 )
     05 15:45 05:53( 〃 )
     06 16:43 06:20( 〃 )
     07 17:42 06:46( 〃 ) ○ 満月
     08 18:40 07:10( 〃 )
     09 19:38 07:35( 〃 )
     10 20:38 08:01( 〃 )
     11 21:40 08:30( 〃 )
     12 22:44 09:04( 〃 )
     13 23:52 09:45( 〃 )

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年01月28日

ZTF彗星が地球に接近

★ ZTFズィーティーエフ彗星すいせい(C/2022 E3)が地球に接近せっきんしています。地球に最接近さいせっきんするのは2月1日夜(2月2日未明みめい)ですが、その前後10日間くらいも見られそうです。

★ 明るさは5〜6等級とうきゅうで、街中まちなかでは肉眼にくがんで見ることはできないので、なるべく暗い場所で双眼鏡そうがんきょう観察かんさつしてみましょう。彗星の頭にあたるコマという部分がぼんやりと広がって見えます。彗星のを見るのはむずかしいしいでしょう。

★ ZTF彗星は1月まつから2月前半にかけて、きりん座→ぎょしゃ座→おうし座を通過してゆきます。1月下旬げじゅんだと一晩中ひとばんじゅう、2月上旬じょうじゅんだと空が暗くなってから深夜2時ごろまで見れるいち置にあります。毎晩見える位置がかわるので、下の図やComet Bookなどのアプリでで位置をたしかめてください。

★ ZTF(Zwicky Transient Facility)は、全天の突発とっぱつ天体現象げんしょう(短時間で明るさがかわるような天体現象)をくまなく観測かんそくしているアメリカのプロジェクトです。5年間の観測で、6,600超新星ちょうしんせい、230個の小惑星しょうわくせいと彗星を発見しています。
ZTF彗星(C/2022 E3)は、ZTFによる観測で2022年3月に発見された彗星です。今回太陽と地球に接近した後、太陽系たいようけいのかなたにんでいってしまい、二度ともどってこないと考えられています。

(1枚目の画像は 国立天文台 より引用。2枚目の画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。)
ZTF彗星_20230128.jpg
ZTF彗星_20230128b.png
タグ:彗星
posted by rihaku at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年01月27日

金星が観望好期

★ 1月下じゅん〜7月中旬、日の入り後の南西〜西の空に金星が見えます。金星は太陽から47度以上いじょうはなれないので、日の入り後の西の空(よいの明星みょうじょう)か、日の出前の東の空(あけの明星)でしか見れません。

★ 金星は1等星の100倍以上いじょうの明るさなので肉眼にくがんでもすぐに見つけることができます。日の入り後に見える位置いちは、1月から5月にかけて日に日に右上方向に高くなり、5月にもっとも高くなります。その後、6月から7月にかけて日に日に低くなり、7月下旬には見えなくなります。9月からは明けの明星として明け方の東の空に見えます。
★ 4月ごろまでは望遠鏡ぼうえんきょうで見ても小さくしか見えませんが、5月以降いこうは大きく見え、けの形も観察かんさつしやすくなります。金星の満ち欠けについては、5月ごろにあらためてお知らせします。

金星_20230116-0716.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。)
タグ:金星
posted by rihaku at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2023年01月22日

1〜2月の月

★ 1〜2月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、1月24日〜2月8日の間です。その後、2月9日〜2月23日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
01/22 07:33 17:32 ● 新月
     23 08:19 18:50 ★ 金星、土星と接近せっきん
     24 08:57 20:04
     25 09:30 21:15
     26 10:00 22:22 ★ 木星と接近せっきん
     27 10:28 23:26
     28 10:56 00:30(翌日よくじつ
     29 11:25 01:32( 〃 ) ◐ 半月(上弦じょうげん
     30 11:58 02:34( 〃 )
     31 12:35 03:34( 〃 ) ★ 火星と接近せっきん
02/01 13:17 04:30( 〃 )
     02 14:05 05:22( 〃 )
     03 14:58 06:07( 〃 )
     04 15:55 06:46( 〃 )
     05 16:54 07:20( 〃 )
     06 17:52 07:50( 〃 ) ○ 満月
     07 18:51 08:17( 〃 )
     08 19:48 08:42( 〃 )
     09 20:46 09:06( 〃 )
     10 21:44 09:31( 〃 )
     11 22:43 09:58( 〃 )
     12 23:46 10:28( 〃 )

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期