2022年10月28日

季節の星座案内 〜おひつじ座〜

★ 小さな星座ですが、ひつじの頭にある2等星ハマルと3等星シェラタンの2つは見つけやすいでしょう。20時〜21時ごろの時間だと、10月〜2月ごろに見ることができます。

星座せいざうらないの順番じゅんばんでは最初さいしょの星座ですが、このページで紹介しょうかいするのは最後さいごとなりました。これで星座占いの12星座を1年かけてすべて紹介したことになります。これから1年は1等星がある星座を中止に季節きせつの星座を紹介してゆきます。

星図カラー2022年11月.png

★ おひつじ座の物語
古代バビロニア時代(今から4,000年〜3,000年くらい前)は、現在げんざいペガスス座となっている四角い畑に麦のたねをまく農夫のうふのすがたとされていました。

ギリシャ神話では空とぶ金色の羊とされています。オルコメノス(ギリシャの都市の一つ)のプリクソス王子が、継母ままははにころされそうになったとき、この羊に乗ってコルキス(現在のジョージア)までにげたという話になっています。その後、イオールコス(ギリシャの都市の一つ)の王子イアーソーンが50人の英雄えいゆう(アルゴナウタイ)を集め、巨大船きょだいせんアルゴー号に乗って金色の羊をもとめてコルキスまで冒険ぼうけんする物語にも登場します。
おひつじ座a.png

★ おひつじ座の天体
★ ひつじの角
 ハマルのそばに、横向きのUの字に星がならんでいて、羊の角のようにもみえます。双眼鏡そうがんきょう観察かんさつしてみましょう。
★ メサルティム(おひつじ座ガンマ星)
 ほとんど同じ明るさの白い星が2つならぶ、ふたごのような二重星です。双眼鏡で2つに見るのはむずかしいので、望遠鏡ぼうえんきょうで観察してみましょう。人類じんるいがはじめて望遠鏡で発見した二重星で、1664年にロバート・フックが発見しました。
★ おひつじ座ラムダ星)
 黄白色と青の星がならぶ、美しい二重星です。双眼鏡で2つに見るのはむずかしいので、望遠鏡で観察してみましょう。
★ きたばえ座
 現在は使われていない星座です。羊のしっぽの部分に星が三角形にならんでいます。双眼鏡で観察してみましょう。17世紀せいきにみつばち座として作られたものが、すずめばち座、はえ座と名前がかわりました。

おひつじ座b.png
γAri、λAri.png

紫色の大きい円は8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。
2〜6枚目の図はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。
タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年10月25日

11月の月

★ 10〜11月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が見えるのは、10月27日〜11月13日の間です。その後、11月14日〜11月27日の間は、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が見やすくなります。
★ 11月1日は半月ですが、月面にXの文字が現れる「月面X」が見られます。
★ 11月8日は満月ですが、月が地球のかげにかくれる皆既月食かいきげっしょくが見られます。

 日付  月の出 月の入り
10/25 05:38 17:05 ● 新月
     26 06:45 17:37
     27 07:55 18:15
     28 09:07 19:00
     29 10:19 19:53
     30 11:25 20:56
     31 12:23 22:05
11/01 13:12 23:16 ◐ 半月(上弦じょうげん)「月面X」が見られる
     02 13:53 00:27(翌日よくじつ
     03 14:27 01:35( 〃 )
     04 14:57 02:41( 〃 )
     05 15:25 03:45( 〃 )
     06 15:52 04:48( 〃 )
     07 16:20 05:51( 〃 )
     08 16:49 06:54( 〃 ) ○ 満月(皆既月食)
     09 17:22 07:57( 〃 )
     10 18:00 08:58( 〃 )
     11 18:42 09:55( 〃 )
     12 19:31 10:47( 〃 )
     13 20:24 11:33( 〃 )
     14 21:21 12:12( 〃 )
     15 22:19 12:46( 〃 )
     16 23:18 13:17( 〃 ) ◑ 半月(下弦かげん

moon.jpg
タグ: 月食
posted by rihaku at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年10月14日

季節の星座案内 〜うお座〜

★ 星座せいざうらないにも登場する星座ですが、4等星より明るい星がなく、一番明るい星でも3.6等級なので、市街地しがいち肉眼にくがんで見ることはむずかしいでしょう。
さいわい、2022年後半〜2023年前半は、木星がうお座にあるので、場所は分かりやすいです。20時〜21時ごろの時間だと、10月〜1月ごろに見ることができます。

星図カラー2022年10月b.png

★ うお座の物語
古代メソポタミア時代(今から6千年〜4千年くらい前)は、うお座は水のめぐみをもたらすチグリス川とユーフラテス川とされていました。右がわの魚はツバメのすがたでえがかれることもありました。
うお座の近くにあるみずがめ座、やぎ座もそうですが、太陽がうお座の方向にあるころ(冬〜春)、メソポタミア地域ちいき(今のイラクのあたり)では雨期になり川の水がふえ、めぐみをもたらすことから、水と関係かんけいすると考えられたようです。

ギリシャ神話では、うお座は、愛と美の女神アフロディーテと息子エロスが怪物かいぶつテューポーンにおそわれて川ににげる時に、魚にへんしんしたすがたとされました。二人がはなればなれにならないようにひもで結ばれているそうです。
うお座a.png

★ うお座の天体
★ サークレット(頭飾り)
右がわの魚の頭にあたる部分で、4等〜5等星が7こ、にならんでいます。大きな輪なので、双眼鏡そうがんきょう視野しやからは少しはみ出してしまいます。

★ TX星
サークレットの左はしにあるとても赤い星で5等星です。炭素たんそ星という種類しゅるいの星です。地球から900光年のきょりにあります。

★ うお座の平行四辺形
うお座は、ペガスス座という大きな四角形のとなりにありますが、サークレットの下に4等〜5等星の小さな四角形の星のならびがあります。4つの星は色もちがうので観察かんさつしてみましょう。双眼鏡だと木星と同じ視野に入ります。

★ 93、94番星
左がわの魚にある、同じような明るさのオレンジ色と白い星がならぶ二重星です。双眼鏡で2つに分かれて見えます。夜空の暗い場所だと肉眼にくがんでも2つに分かれて見えるという人もいます。

うお座b.png
TX-Psc.png
93,94Psc.png


紫色の大きい円は8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。
2〜5枚目の図はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。

タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年09月26日

10月の月

★ 9〜10月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が見えるのは、9月30日〜10月14日の間です。その後、10月15日〜11月1日の期間は、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が見やすいです。

 日付  月の出 月の入り
09/26 05:47 18:09 ● 新月
     27 06:49 18:37
     28 07:53 19:06
     29 09:00 19:39
     30 10:09 20:18
10/01 11:19 21:04
     02 12:27 22:00
     03 13:31 23:04 ◐ 半月(上弦)
     04 14:26 00:14(翌日)
     05 15:12 01:26( 〃 )
     06 15:51 02:37( 〃 )
     07 16:25 03:46( 〃 )
     08 16:55 04:53( 〃 )
     09 17:23 05:58( 〃 )
     10 17:51 07:02( 〃 ) ○ 満月
     11 18:20 08:06( 〃 )
     12 18:51 09:09( 〃 )
     13 19:26 10:11( 〃 )
     14 20:05 11:10( 〃 )
     15 20:50 12:05( 〃 )
     16 21:40 12:54( 〃 )
     17 22:35 13:37( 〃 )
     18 23:32 14:15( 〃 ) ◑ 半月(下弦)

moon.jpg
タグ:
posted by rihaku at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年09月20日

季節の星座案内 〜みずがめ座〜

★ 星座せいざうらないにも登場する星座ですが、1等星も2等星もなく、3等星も3つしかない、目立たない星座です。
市街地しがいちでは見つけにくいですが、すぐ下に1等星フォーマルハウト(みなみのうお座)があるので、場所はすぐに分かります。また、2022年秋は木星(うお座)と土星(やぎ座)にはさまれているので、さらに場所が分かりやすいです。20時〜21時ごろの時間だと、9月〜12月ごろに見ることができます。

星図カラー2022年10月.png

★ みずがめ座の物語
古代メソポタミア時代(今から6千年〜4千年くらい前)は、水が流れ出るつぼを持った「グラ」という英雄えいゆうのすがたとされていました。みずがめ座の左右にあるうお座、やぎ座もそうですが、太陽がみずがめ座の方向にあるころ(冬〜春)、メソポタミア地域ちいき(今のイラクのあたり)では雨期になり川の水がふえ、めぐみをもたらすことから、水と関係かんけいすると考えられたようです。
ギリシャ神話では、大神ゼウスに不死ふしの酒ネクタールを給仕きゅうじする美少年ガニメデのすがたとされています。

みずがめ座a.png

★ みずがめ座の天体
★ みずがめ座の三ツ矢
4等星と5等星が4つ「三ツ矢」block04_ttl02.png の形にならんでいます。双眼鏡そうがんきょう視野しやにちょうどおさまって分かりやすい形です。みずがめ座の水はここから流れ出る形になっています。

★ みずがめ座プサイ星
青白い星が2つとオレンジ色の星1つが「く」の字にならんだカラフルな3重星です。空の暗い所では、肉眼にくがんで3つに分かれて見える人もいます。双眼鏡を使うとかんたんに3つに分かれて見えます。

★ Mメシエ2
10万以上いじょうの星が丸く集まった球状きゅうじょう星団せいだんというしゅるいの星団です。双眼鏡で見るのはむずかしいですが、望遠鏡ぼうえんきょうだとぼんやりにじんだ星のように見えます。くわしい研究では、地球から4万光年のきょりにあることがわかっています。

みずがめ座b.png
γAqr.png
ψAqr.png
M2.png

紫色の大きい円は8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。
2〜6枚目の図はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。
タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年09月04日

季節の星座案内 〜やぎ座〜

★ 星座せいざうらないにも登場する星座ですが、1等星も2等星もなく、3等星も2つしかない、目立たない星座です。
市街地しがいちでは見つけにくいですが、双眼鏡そうがんきょうを使えば三角形のならびをたどってゆくことができるでしょう。また、2022年はちょうど土星がかがやいているので、星座の場所はすぐに分かります。20時〜21時ごろの時間だと、8月〜11月ごろに見ることができます。

星図カラー2022年09月.png

★ やぎ座の物語
やぎ座は上半身やヤギ、下半身が魚のすがたをしていますが、古代バビロニア時代(今から4千年〜3千年くらい前)は、水と知恵ちえの神エンキのすがたとされていました。このあと紹介しょうかいする予定のみずがめ座、うお座もそうですが、太陽がやぎ座の方向にあるころ(冬〜春)、バビロニア(今のイラクのあたり)では雨期になり川の水がふえることから、水と関係かんけいすると考えられたようです。
古代バビロニア時代の後、古代ギリシャ時代(今から3千年〜2千年くらい前)には、やぎ座は羊いの神様パーンのすがたとされました。パーンは下半身がヤギ、上半身が人間で山羊の角が生えている神ですが、ギリシャ神話では、怪物かいぶつテューポーンにおそわれて川ににげる時に、上半身ヤギ、下半身魚にへんしんしたという話になっています。

やぎ座a.png

★ やぎ座の天体
★ アルゲディ(やぎ座アルファ星)
黄色とオレンジ色の二重星で、間隔かんかくがはなれている(満月まんげつの直径の1/5くらい)ので、双眼鏡そうがんきょうで見ると二重星とすぐに分かります。肉眼にくがんで2つに見えるという人もいます。左右にも1つずつ星があって、4つの星が一直線にならんでいます。
アルゲディはアラビア語で「子ヤギ」という意味です。

★ ダビー(やぎ座ベータ星)
双眼鏡そうがんきょうで見ると、アルゲディと同じ視野しやに見えます。アルゲディの半分くらいの間隔かんかくの二重星です。黄色とうす青の色の対比たいひがきれいです。
ダビーはアラビア語で「屠殺者とさつしゃ」という意味です。屠殺者とさつしゃというと何かこわいですが、神様にいけにえをささげる人を指しています。

★ やぎの「し」っぽ
やぎ座の左下(2022年だと土星の下の方)に、「し」の字が横だおしになった形に星がならんでいます。双眼鏡そうがんきょうで見てみましょう。左右さかさまの「つ」の字にも見えますし、つりばりのようにも見えます。

やぎ座b.png
αCap、βCap.png
ζCap.png

紫色の大きい円は8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。2〜5枚目の図はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。
タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年09月02日

望遠鏡工作教室 参加者募集中!

★ 子ども向け望遠鏡工作教室を開催します。
口径5cmの望遠鏡を組み立てて、月や木星、土星を観望します。組み立てた望遠鏡は、各自お持ち帰りいただけます。マイ望遠鏡を工作して、月のクレーターや木星の衛星、土星の環を見てみませんか?

★ 下記2会場で開催します。内容は各会場同じです。各会場の2回は連続する内容ですので、2回ともご参加下さい

★ 奈良市会場
 会場:奈良学園小学校
 第1回 10月1日(土)16:00〜18:30
 第2回 11月5日(土)17:00〜18:30
★ 精華町会場
 会場:けいはんなオープンイノベーションセンター
 第1回 10月8日(土)17:00〜19:30
 第2回 10月29日(土)17:00〜18:30

★ いずれも雨天でも開催

【対象】小学校3〜6年生(保護者同伴、または送迎をお願いします)
【定員】各会場30名
【参加費】2,500円

お申し込みはコチラ↓
https://forms.gle/zMnHkXUsVw8edDTS8
(9月18日お申し込み分まで抽選。定員に余裕があれば以後先着順。)

講師:嶋田理博(奈良学園大学 教授、日本天文教育普及研究会 会員)
主催:けいはんな科学共育デザインラボ
助成:国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」
後援:精華町教育委員会、奈良学園小学校、奈良学園大学 社会・国際連携センター

望遠鏡工作教室2022リーフレット.jpg
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年08月27日

9月の月

★ 8〜9月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
月が、日の入り〜21時ごろの時間に見えるのは、8月28日〜9月14日の間です。その後、9月15日〜30日の期間は、日の入り〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が見やすいです。

 日付  月の出 月の入り
08/27 04:56 18:47 ● 新月
     28 05:56 19:14
     29 06:56 19:41
     30 07:56 20:07
     31 08:58 20:34
09/01 10:01 21:04
     02 11:08 21:38
     03 12:16 22:19
     04 13:26 23:08 ◐ 半月(上弦)
     05 14:34 00:07(翌日)
     06 15:36 01:15( 〃 )
     07 16:30 02:28( 〃 )
     08 17:15 03:42( 〃 )
     09 17:53 04:55( 〃 )
     10 18:26 06:04( 〃 ) ○ 満月
     11 18:56 07:11( 〃 )
     12 19:24 08:16( 〃 )
     13 19:53 09:19( 〃 )
     14 20:22 10:22( 〃 )
     15 20:54 11:24( 〃 )
     16 21:31 12:24( 〃 )
     17 22:12 13:21( 〃 )
     18 22:58 14:13( 〃 ) ◑ 半月(下弦)
     19 23:50 15:00( 〃 )

moon.jpg
タグ:
posted by rihaku at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年08月06日

季節の星座案内 〜いて座〜

★ 夏を代表する星座です。
20時〜21時ごろの時間だと、7月〜9月ごろに見ることができます。1等星はありませんが、2等星と3等星が8つ「ティーポット」の形に並んでいて見つけやすい星座です。いて座の方向は、銀河系の中心方向なので、たくさんの天体が見られます。

星図カラー2022年08月.png

★ いて座の物語
ギリシャ神話では、上半身が人で下半身が馬のケンタウロス族の賢者けんじゃケイロンのすがたとされています。ケイロンは弓の名手で、勇者ヘルクレスの弓矢の先生でしたが、ヘルクレスとケンタウルス族の争いにまきこまれて、ヘルクレスが放った毒矢に当たって死んでしまいました。
いて座a.png

★ いて座の天体
★ Mメシエ8(干潟ひがた星雲) 【写真】
双眼鏡そうがんきょうで見ると、星が横長にならんでいて、まわりがぼんやり光っているのが分かります。望遠鏡ぼうえんきょうで見ると、星雲の形を詳しく観察できます。
Mメシエ8のすぐ上にはMメシエ20(三裂さんれつ星雲)という写真でよく見る星雲がありますが、こちらは市街地しがいちでは見るのはむずかしいでしょう。Mメシエ20のすぐ上にはMメシエ21という星団もあります。

★ Mメシエ24 【写真】
天の川がくなってるところで、双眼鏡で見ると、たくさんの星が視野しやいっぱいに広がります。写真にると、鹿の横顔のように見えるので「バンビの横顔」とよばれています。Mメシエ24のすぐ上にはMメシエ17(オメガ星雲【写真】)という星雲、すぐ左にはMメシエ25という星団があります。

★ Mメシエ22 【写真】
生まれてから120億年という古い星が、8万個以上丸く集まっています。球状きゅうじょう星団という種類の星団です。実際の大きさは100光年もありますが、地球から1万光年はなれているので、小さく見えます。
双眼鏡でも丸くぼんやりと見えます。望遠鏡で見ると、つぶつぶの星がたくさん集まっている様子が観察できます。

★ テレベルム
いて座のしっぽにあたる部分に、明るさのそろった5等星が4つ、ダイヤのような形にならんでいます。テレベルムとは、古いラテン語で「四辺形」という意味です。

いて座b.png

M8.png

M24.png

M22.png

テレベルム.png

紫色の大きい円は6〜8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。
2〜6枚目の図はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。
リンク先はNASAのAPOD (今日の1枚、Astronomy Picture of the DAY)の写真です。
タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年07月29日

8月の月

★ 7〜8月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
月が、日の入り〜21時ごろの時間に見えるのは、7月30日〜8月14日の間です。その後、8月15日〜31日の期間は、日の入り〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が見やすいです。

 日付  月の出 月の入り
07/29 05:05 19:42 ● 新月
     30 06:04 20:14
     31 07:04 20:44
08/01 08:03 21:11
     02 09:02 21:37
     03 10:02 22:03
     04 11:04 22:31
     05 12:08 23:02 ◐ 半月(上弦)
     06 13:16 23:39
     07 14:27 00:23(翌日)
     08 15:39 01:18( 〃 )
     09 16:47 02:23( 〃 )
     10 17:48 03:35( 〃 )
     11 18:40 04:51( 〃 )
     12 19:23 06:06( 〃 ) ○ 満月
     13 19:59 07:18( 〃 )
     14 20:30 08:25( 〃 )
     15 20:59 09:30( 〃 )
     16 21:26 10:33( 〃 )
     17 21:54 11:35( 〃 )
     18 22:24 12:36( 〃 )
     19 22:58 13:36( 〃 ) ◑ 半月(下弦)
     20 23:35 14:34( 〃 )

moon.jpg
タグ:
posted by rihaku at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空