2020年08月01日

月と木星・土星が集合

★ 8月1日夜から3日未明にかけて、月、木星、土星の集合が見られます。
月、木星、土星は、夜空が暗くなる20時ごろには南東の空に見えていて、3時すぎに南西の空に沈むまで、一晩中見えています。
月と木星は1日の20時ごろ7度くらい離れていますが、2日3時ごろには4度にまで近づきます。2日の20時ごろには再び7度くらいに離れて見えます。月と土星は3日の0時ごろ3度まで近づきます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)
月と木星・土星の集合
タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2020年07月05日

月と木星・土星が接近

★ 7月5日〜6日、月、木星、土星の集合が見られます。
6日未明に月と木星は約3度、6日夕方に月と土星は約3.5度まで接近します。月・木星・土星は、20時半頃南東から上り、4時頃に空が明るくなるまで、南東〜南西の空に見えます。
★ 7月5日は満月で、月はとても明るいですが、木星はマイナス3等級(1等星の30倍の明るさ)、土星も0等級(1等星の2倍の明るさ)と明るいので、月の明るさに負けずに見ることができるでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の2倍の大きさで描いています。)
月と木星・土星の集合
タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2020年06月14日

火星と海王星が接近

★ 6月中旬、火星と海王星が接近して見えます。最も接近するのは6月14日未明で、約1.6度(満月3個分)まで接近します。明るい火星(0等級)の近くで探しやすいので、海王星を見つけるチャンスです。
★ 海王星は8等星で肉眼では見えないので、見るためには望遠鏡や大きめの双眼鏡(口径40mm以上くらい)が必要になります。下の図をたよりに海王星を探してみて下さい。6月13、14日は、20倍の望遠鏡でも同じ視野に火星と海王星が見えます。海王星は青い色をしているので、他の星と区別がつきます。海王星の見かけの大きさは火星の1/4なので、小さな望遠鏡や双眼鏡では、点に見えるだけで表面の模様などは見えません。
★ 火星と海王星は0時頃東の空から上ってきますが、観察ができるようになるのは1時半頃からでしょう。空が明るくなる3時半頃まで南東の空に見えます。6月13日には、月と火星が接近しますが、海王星を観察する場合は、この日以外が良いでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。2度の視野は、20倍の望遠鏡で見たときのだいたいの視野。)
月と火星の接近
火星と海王星の接近
タグ:火星 海王星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2020年05月13日

月と木星・土星が接近

★ 5月13日の未明、月、木星、土星の集合が見られます。
月と土星は約3度に、月と木星、木星と土星は約5度に接近しています。
月・木星・土星は、0時頃南東から上り、4時半頃に明るくなるまで、南東〜南の空に見えます。
★ 月は13日以外は離れてしまいますが、木星・土星は5月中、5度以下に接近している様子がずっと見られます。この後、8月下旬にかけていったん8度以上に離れますが、再度接近し、12月21日に0.1度という大接近を迎えます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の2倍の大きさで描いています。)
月と火星・木星・土星の集合
タグ: 木星 土星
posted by rihaku at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2020年04月15日

月と火星・木星・土星が大集合

★ 2月中旬頃から、明け方の空で火星、木星、土星の三惑星が集合していますが、そこに月も加わった大集合が、4月15〜17日に見られます。
火星、木星、土星は、午前3時〜5時頃の南東の空に見えます。木星がマイナス2等級で一番明るく、火星と土星は1等級で、木星の1/10くらいの明るさです。
★ 木星・土星はこのあと年末まで、接近している様子がずっと見られますが、火星はどんどん東(左)に離れてゆき、三惑星の競演はそろそろ見納めです。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)
月と火星・木星・土星の集合
posted by rihaku at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象