2019年11月25日

日の出前の水星が観望好期

★ 11月下旬〜12月上旬、日の出前の東の空で水星が観望好期です。
水星は太陽から28度以上離れないので、日の出前1時間くらいにならないと上って来ず、地平線から10度くらい上ると空が明るくなって見えなくなってしまいます。東の方向に見晴らしの良い場所で、6:00頃観察してみましょう。水星の右上には火星、さらにその右上にはスピカ(おとめ座の1等星)も見れます。
★ 日の出前の高さがもっとも高くなるのは11月27日頃です。明るさは0等級なので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。双眼鏡での観察は6時半までには終え、太陽を見ないように注意して下さい。
★ 11月25日には、細い月と水星が3度まで近づいている様子も見ることが出来ます。

日の出が遅いので、日の出前と言っても6時台です。いつもより少し早起きして水星を見てみてはいかがでしょうか。水星の次の観望好期は来年2月上旬の夕方です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際よりも大きく描いています。)
水星_20190219-0305.png水星
タグ:水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2019年11月06日

変光星ミラの明るさが極大


★ くじら座の変光星ミラが目で見える明るさになっています。
ミラは約11ヶ月周期で約10等級⇔約3等級と1000倍も明るさが変わる変光星です。ほとんどの期間、見ることは出来ませんが、年に1〜2ヶ月間だけ見える明るさになります。今年はちょうどくじら座を観望しやすい季節に、2等級台まで明るくなっています。11月いっぱいは見つけやすいと思いますので、街灯などの明かりの少ない場所でぜひ探してみましょう。
★ 見つけ方
夜20時〜22時頃に、東の空にアルデバラン(おうし座、オレンジ色)、南の空にフォーマルハウト(みなみのうお座、白色)の2つの1等星が見えます。
アルデバランとフォーマルハウトを結んだ直線上に、オレンジ色の2等星が3つ並んで見えます。左(東)からメンカル、ミラ、ディフダです(3つともくじら座)。

(1枚目画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。2枚目画像は過去4年間のミラの変光の様子。アメリカ変光星観測者協会 https://www.aavso.org/ より。)

くじら座のミラ
くじら座のミラ
タグ:ミラ 変光星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2019年08月13日

ペルセウス座流星群

★ ペルセウス座流星群がピークを迎えます。
ペルセウス座流星群の活動そのものは、7月下旬から始まっていて、8月下旬まで流れ星を見ることが出来ますが、特に8月11日〜14日の夜、たくさんの流れ星が現れます。一番たくさんの流れ星が現れると予想されているのは、8月12日の夜から13日の未明にかけてです。

流れ星は21時頃から翌朝4時頃にかけて見えます。時間が遅いほど流れ星の数が増えてゆき、21時頃は1時間に数個程度、0時頃は1時間に数個〜十個程度、3時頃は十個〜十数個程度の流れ星が見られるでしょう。

残念ながら今年は、ほぼ満月に近い月明かりがあるので、見える流れ星の数が例年に比べて少ないと予想されるのですが、12日未明の2時〜4時、13日未明の3時〜4時は月が沈んでいるので、たくさんの流れ星を見るチャンスです。

★ 流れ星がペルセウス座の方向(「放射点」といいます)から地球に飛びこんでくるので、「ペルセウス座流星群」という名前がついています。しかし、流れ星はペルセウス座に限らず、夜空のどこにでも現れるので、望遠鏡や双眼鏡は使わず、月の方を見ないようにして、肉眼で夜空全体を観察しましょう。
★ 街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。暗い場所に行ってから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも15分間は観察を続けましょう。

ペルセウス座流星群ペルセウス座流星群ペルセウス座流星群
タグ:流星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2019年08月09日

水星が日の出前の東の空で観望好期

★ 8月9日〜15日頃、日の出前の東の空で水星が観望好期です。あまり見る機会のない水星を、夏休み(またはお盆休み)に早起きして見てみてはいかがでしょうか。
★ 水星は太陽から28度以上離れないので、日の出前1時間くらいにならないと上って来ず、地平線から10度くらい上るうちに空が明るくなって見えなくなってしまいます。東の方向に見晴らしの良い場所で、4:30〜4:45頃観察してみましょう。日の出前の高さがもっとも高くなるのは8月11日です。明るさは0〜マイナス1等級なので、肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。双眼鏡での観察は5時までには終え、太陽を見ないように注意して下さい。
 水星の次の観望好期は11月末〜12月初めの明け方です。


(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星_20190219-0305.png水星
タグ:水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2019年06月09日

日没後の水星が観望好期


★ 6月の中旬〜下旬、日没後に水星が見られるようになります。

水星は地球の内側を回っているため、太陽から28°以上離れて見えることはなく、真夜中には見られず、日没後と日出前のわずかな時間帯にしか見られません。日没後に水星が見られる機会は、2019年に3回ありますが、今回は高さや見られる期間などの条件が最も良いです。

★ 水星は、西北西(真西から20°くらい北)の方角、高さ10°くらいのところに輝いています。20時頃に、西向きの見晴らしが良いところで観察して下さい。本来は白色ですが、夕日が赤く見えるのと同じでオレンジ色に見えます。

★ 肉眼で見つけるのが難しい場合は、双眼鏡で探してみましょう。ただし、太陽を見てしまうと危険なので、必ず日没後(19:30以降)に見るようにして下さい。

★ 日没後の西の空には水星の他に、火星、ふたご座のカストル、ポルックスも輝いています。水星が一番明るく(0〜1等級)、ポルックスが2番目(1等級)、カストルと火星がその次の明るさ(2等級)です。18日には、水星と火星が大接近します。

次に条件良く水星が見られるのは、日出前だと8月上旬、日没後だと来年2月上旬になります。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
【代替テキスト】

タグ:水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期