2020年08月12日

ペルセウス座流星群

★ 8月12日の夜、ペルセウス座流星群の活動がピークを迎えます。

ペルセウス座流星群の活動そのものは、7月下旬から始まっていて、8月20日ごろまで見ることが出来ますが、特に8月11日〜13日の夜、たくさんの流れ星が現れます。最もたくさんの流れ星が現れると予想されているのは、8月12日の夜から13日の未明にかけてです。

流れ星は21時頃から翌朝4時頃にかけて現れます。12日夜〜13日未明は1時間あたり10個程度、前後の11日夜〜12日未明と13日夜〜14日未明は、1時間あたり数個程度の流れ星が見られると予想されます。

★ 流れ星がペルセウス座の方向(「放射点」といいます)から地球に飛びこんでくるので、「ペルセウス座流星群」という名前がついています。しかし、流れ星はペルセウス座に限らず、夜空のどこにでも現れますので、見える範囲が狭い望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼で夜空全体を観察しましょう。

★街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。明るい場所から出てから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも20分間は観察を続けましょう。0時を過ぎると月が上ってきます。月を視界に入れないように観察しましょう。


ペルセウス座流星群
タグ:流星群
posted by rihaku at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2020年07月16日

ネオワイズ彗星が観望好期

★ 7月後半、ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が日没後の北西〜西北西の空に見えます。
 7月中旬は、空が暗くなる20時頃から、北西の方向に見えますが、高さは15度前後で低く、まもなく沈んでしまいます。明るさは約3等級で、肉眼でも見える明るさですが、街中で見るのは難しいかも知れません。双眼鏡で観察すると良いでしょう。北西の方向が開けた、街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。
 7月下旬になると、20時の高さも20度以上、沈む時間も23時以降となり、観察しやすくなりますが、地球から離れてゆくので、しだいに暗く小さくなってゆきます。
★ ネオワイズ彗星は、今年3月27日に赤外線探査衛星NEOWISEに発見されました。明るい彗星としては、2013年のライブジョイ彗星以来7年ぶりの出現です。太陽の周りを楕円軌道で6800年周期で回っていて、7月3日に水星軌道のすぐそばをかすめるように太陽に最接近し、現在は遠ざかりつつあるところです。

(画像1枚目は NASAジェット推進研究所 、2枚目は アストロアーツ より)
ネオワイズ彗星

ネオワイズ彗星
タグ:彗星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2020年05月22日

水星が観望好期

★ 5月22日〜6月12日頃、日の入り後の西の空で、今年一番の好条件で水星が見られます。
水星は太陽から28度以上離れないので、空が暗くなり始める頃には、地平線から10度くらいの高さしかなく、その後1時間ほどで沈んでしまいます。西の方向に見晴らしの良い場所で、19:30〜20:00頃に観察してみましょう。明るさは0〜1等級なので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、太陽が沈んでからにするようにして下さい。
★ 日の入り後の高さがもっとも高くなるのは6月2日頃ですが、5月22日の明るさ(マイナス0.6等級)に比べて、6月2日の明るさは0.4倍(0.4等級)、6月12日の明るさは0.16倍(1.4等級)と、日が経つにつれ次第に暗くなってゆきますので、なるべく5月中に観察した方が良いでしょう。
★ 5月22日には金星が約1度、5月24日には細い月が約3度まで近づいて見えます。

水星の次の観望好期は、11月上旬〜中旬の明け方です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍の大きさで描いています。)
水星_20190219-0305.png
タグ: 金星 水星
posted by rihaku at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2020年02月06日

水星が観望好期

★ 2月6日〜13日頃、日の入り後の西の空で水星が見られます。
水星は太陽から28度以上離れないので、空が暗くなり始める頃には、地平線から10度くらいの高さしかなく、その後1時間ほどで沈んでしまいます。西の方向に見晴らしの良い場所で、18:00〜18:30頃に観察してみましょう。西の空に明るく輝く金星の右下、地平線近くが目印です。
★ 日の入り後の高さがもっとも高くなるのは2月10日頃です。明るさはマイナス1〜0等級なので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、日が沈んでからするようにして下さい。
2月10日には、ISSの上空通過もあわせて見ることが出来ます。

水星の次の観望好期は、5月下旬〜6月上旬です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星_20190219-0305.png
タグ:水星
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2020年01月04日

しぶんぎ座流星群

★ 三大流星群の1つ、しぶんぎ座流星群の活動がピークを迎えます。
しぶんぎ座流星群の流れ星は、1月1日〜7日頃の期間現れますが、特に1月4日未明4時〜6時頃と、5日深夜1時〜6時頃にかけて、たくさんの流れ星が見られると予想されます。多いときで1時間に10個程度の流れ星が見られるでしょう。
★ 夜中の0時までの時間帯は、日本は放射点の方向(流星の元になるチリの粒が飛びこんでくる方向)に向いていませんので、しぶんぎ座流星群の流れ星は見られません。夜ふかしして5日1時頃(4日深夜)に見るか、逆に早起きして4日5時頃か5日5時頃に見ると良いでしょう。
★ 「しぶんぎ座」というのは、うしかい座とりゅう座の間に昔あった星座で、現在はありません。昔しぶんぎ座があった方向に放射点があるので「しぶんぎ座流星群」という名前がついています。しかし、流れ星は夜空のどの方向にでも現れるので、望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼で夜空全体を観察しましょう。
★ 街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。暗い場所に行ってから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも15分間は観察を続けましょう。また、この季節の屋外はとても冷えます。しっかり寒さ対策をして観察しましょう。

(画像は 国立天文台 ほしぞら情報 より)
ふたご座流星群
タグ:流星群
posted by rihaku at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期