2022年10月06日

水星が観望好期

★ 10月6日〜15日ごろ、日の出前の東のひくい空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上いじょうはなれないので、上ってから1時間もすると空が明るくなってしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。10月6日〜15日は、日の出前の水星の高さが10度近くあり、観望かんぼう好期こうきです。

★ 水星はとてもひくくに(地平線からの高さが5〜10度)見えるので、東の方向に見晴らしのよい場所で、朝5:00〜5:20ごろに観察かんさつしてみましょう。日の出前の高さがもっとも高いのは10月9日ですが、水星は日に日に明るくなるので、期間の後半のほうが見つけやすいでしょう。1等星の数倍の明るさなので肉眼にくがんで見えますが、双眼鏡そうがんきょうがあればさがしやすいでしょう。太陽をあやまって見ないため、観察は太陽が上る5:50ごろまでには終えるようにして下さい。

水星の次の観望好期は、12月上旬の夕方です。

水星_20221006-1015.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。背景の星のは10/9の配置。)
posted by rihaku at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189837182

この記事へのトラックバック