2020年10月17日

HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の上空通過

★ 10月17日〜22日の18時〜19時頃、HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の上空通過が見られます。上空通過といっても、本州のおよそ600km南の太平洋上、奄美大島〜小笠原あたりの上空を飛んでいます。
どの日も、南の方角、高さ30度くらいを右(南西)から左(南東)へまっすぐ飛んでゆく様子が観察できます。
 10/17 18:54 南西→18:58 南
 10/18 18:43 南西→18:48 南東
 10/19 18:32 南西→18:38 南東
 10/20 18:21 南西→18:27 南東
 10/21 18:11 南西→18:17 南東
 10/22 18:00 南西→18:07 南東
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からの距離が遠く、観察が難しいものは挙げていません。)
★ HSTは肉眼で見えますが、2等級の明るさなので、街灯や家の灯りの少ない、なるべく暗い場所で見て下さい。
今回の上空通過は、いずれも木星、土星のすぐそばを通過してゆきますので、木星、土星を目印に待ち構えていると良いでしょう。
次回は12月5日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)
HST上空通過
HST上空通過
HST上空通過
HST上空通過
HST上空通過
HST上空通過
HST上空通過
タグ:HST
posted by rihaku at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188030586

この記事へのトラックバック