2019年06月18日

水星と火星が接近


★ 6月中旬〜下旬は水星の観望好期ですが、6月18日の前後数日間、水星と火星が接近して見えます。
 水星と火星は、日没後20時頃に西北西(真西から20°くらい北)の方角、高さ10°くらいのところに輝いています。20時頃に、西方向の見晴らしが良いところで観察して下さい。5分に1°ずつくらいの速度ですぐ沈んでしまうので、見るチャンスを逃さないようにしましょう。明るさは、水星が0等級、火星が2等級で、水星の方が5倍くらい明るいです。
 水星と火星は、18日に最接近して、0.3°にまで近づきます。これは、100倍の望遠鏡で見ても同じ視野に入るほどの近さです。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星と火星


★(6.18追記)
天気が良く、水星と火星が並んでいるのが見られました。
【代替テキスト】
タグ:火星 水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187910821

この記事へのトラックバック