2019年11月25日

日の出前の水星が観望好期

★ 11月下旬〜12月上旬、日の出前の東の空で水星が観望好期です。
水星は太陽から28度以上離れないので、日の出前1時間くらいにならないと上って来ず、地平線から10度くらい上ると空が明るくなって見えなくなってしまいます。東の方向に見晴らしの良い場所で、6:00頃観察してみましょう。水星の右上には火星、さらにその右上にはスピカ(おとめ座の1等星)も見れます。
★ 日の出前の高さがもっとも高くなるのは11月27日頃です。明るさは0等級なので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。双眼鏡での観察は6時半までには終え、太陽を見ないように注意して下さい。
★ 11月25日には、細い月と水星が3度まで近づいている様子も見ることが出来ます。

日の出が遅いので、日の出前と言っても6時台です。いつもより少し早起きして水星を見てみてはいかがでしょうか。水星の次の観望好期は来年2月上旬の夕方です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際よりも大きく描いています。)
水星_20190219-0305.png水星
タグ:水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186824424

この記事へのトラックバック