2019年05月06日

みずがめ座η流星群


★ みずがめ座η(エータ)流星群が見頃です。
夜中の2時〜3時半頃、1時間に数個〜10個程度の流れ星がみずがめ座のあたり(放射点)から流れるのが見られます。月明かりもなく好条件です。

★ 最もたくさん見えると予想されるのは、5月6日夜(7日未明)ですが、前後2〜3日間も同じくらいの数が見えると予想されます。6日夜は、翌日の学校や仕事にそなえて早く休んだ方が良いでしょうし、晴れるとは限りませんので、連休中の3日〜5日の夜(4日〜6日未明)に見ると良いでしょう。
★ 「みずがめ座η流星群」という名前ですが、流れ星はみずがめ座(東の空)に限らず、夜空のどこにでも現れます。
★ 見える範囲が狭い望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼で夜空全体を観察しましょう。
★ 街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。
★ 明るい場所から出てから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも30分間は観察を続けましょう。


みずがめ座η流星群
みずがめ座η流星群
タグ:流星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185948157

この記事へのトラックバック