2024年07月05日

水星が観望好期

★ 7月5日〜21日ごろ、日の入り後の西のひくい空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上いじょうはなれないので、空が暗くなって1時間もするとしずんでしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。7月5日〜21日ごろは、水星が太陽からはなれていて、日の入り後の高さが高く、観望かんぼう好期こうきです。

★ 水星はとても低くに(地平線からの高さが5〜10度)見えるので、西の方向に見晴らしのよい場所で、夜20時ごろに観察かんさつしてみましょう。日の入り後の高さがもっとも高いのは7月13日ですが、水星は日に日に暗くなるので、期間の前半のほうが見つけやすいでしょう。1等星より明るいので肉眼にくがんで見えますが、双眼鏡そうがんきょうがあればさがしやすいでしょう。7月8日〜9日は細い月が近くにあります。月を目印めじるしに右下地平線近くをさがすとよいでしょう。

★ 水星の次の観望好期は、9月はじめの明け方です。

水星_20240705-21b.jpg
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。背景の星は7月13日の位置。)
タグ:水星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期