2022年04月30日

季節の星座案内 〜しし座〜

★ 春を代表する星座です。20時〜21時頃の時間帯だと、2月〜7月ごろに見ることができます。1等星レグルスの上の「?」を逆さまにしたような星のならび(ししの大がま)がししの頭を表していて、その左側に胴体があります。

星図カラー05月.png

★ しし座の物語
ギリシャ神話では、勇者ヘラクレスが退治した、ネメア(ギリシャの地名)の谷にいたライオンの怪物だとされています。
しし座a.png

★ しし座の天体
★ レグルス
しし座の1等星です。
くわしい研究では、16時間で1回転(時速100万km)という高速で自転していることが分かっています。あまりに速く回転しているため、遠心力で回転方向にふくらんだだ円形をしていると考えられています。
★ しし座の三つ子銀河
しし座の後ろ足の根本にあるうずまき銀河です。地球から3,500万光年の距離にあります。
M65、M66、NGC3628という3つのうずまき銀河が集まっていて、「しし座の三つ子銀河」と呼ばれています。
双眼鏡で見るのはむずかしいですが、M65、M66の2つは小さな望遠鏡だとぼんやりと分かります。
★ しし座タウ星
黄色い星と青い星の二重星です。双眼鏡でも2つの星に分かれて見えます。
★ しし座83番星
2つのオレンジ色の星の二重星です。双眼鏡では2つの星に分けるのはむずかしいかも知れません。望遠鏡を使うと2つの星に分かれて見えます。


しし座b.png

LeoTriplet.png

TauLeo83Leo.png

紫色の大きい円は6〜8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。
2〜5枚目の画像はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。
リンク先はNASAのAPOD (今日の1枚、Astronomy Picture of the DAY)の画像です。

タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年04月25日

木星、金星、火星、土星、月が集合

★ 4月下旬〜5月上旬、日の出前の東の空で、木星、金星、火星、土星の集合が見られますが、4月25日〜28日にそこに月が加わります。
朝4時〜4時半ごろ東の空を見ると、木星、金星、火星、土星が左下から右上に一直線に並んでいます。
4月25日には土星と月が、26日には火星と月が、27日には金星と月が、28日には木星と月がそれぞれ接近します。
毎朝少しずつ変わってゆく惑星と月の位置を観察してみましょう。
★ 金星と木星は、日に日に近づいてゆき、5月1日にもっとも接近します。

四惑星と月_20220425.png
四惑星と月_20220426.png
四惑星と月_20220427.png
四惑星と月_20220428.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の3倍の大きさで描いています。)

posted by rihaku at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2022年04月20日

水星が観望好期

★ 4月20日〜5月5日ごろ、日の入り後の西の低空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上離れないので、空が暗くなってから1時間もすると沈んでしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。4月23日〜5月5日は、日の入り40分後の水星の高さが10度以上あり、今年いちばんの観望好期です。
★ 水星はとても低くに(地平線からの高さが約10度)見えるので、西の方向に見晴らしの良い場所で、夜19:10〜19:30頃に観察してみましょう。日の入り後の高さがもっとも高いのは4月29日ですが、水星は日に日に暗くなるので、4月29日より前のほうが探しやすいでしょう。1等星の1〜10倍の明るさなので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、18:50以降に太陽が沈んでからにして下さい。
★ 5月2日には、細い月が左下に近づきます。

水星の次の観望好期は、10月上旬の明け方です。

水星_20220420-0508.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。)
タグ:水星
posted by rihaku at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2022年04月17日

天体観望会を開催しました

★ けいはんな記念公園で天体観望会を開催しました。2月、3月の開催が曇天で中止となりましたので、今年はじめての開催となりました。お天気は快晴で、夕方の西空低くに見える水星や、満月の1日後の月、オリオン大星雲など、たくさんの天体を観望していただけました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました★
これから日没時間が遅くなりますので、天体観望会はしばらく休止。次回は8月28日(日)19:30〜21:00です。

けいはんな記念公園天体観望会_20200417a.jpg
けいはんな記念公園天体観望会_20200417c.jpg
けいはんな記念公園天体観望会_20200417e.jpg
posted by rihaku at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

本日の天体観望会 開催します

★ 本日の天体観望会は、予定通り開催します。ご参加お待ちしています。★
★ 日時:4月17日(日)19:00〜21:00
★ 場所:けいはんな記念公園 芝生広場 西入口付近
★ 参加申込不要、参加料無料、時間内自由参加
★ 子どもの方は、かならず大人の方といっしょにお越し下さい。

★ 今日の星空
星図カラー20220417.png

★ 今日の観望(予定)天体
★ 水星

@ M42(オリオン大星雲)
A M35(ふたご座の散開星団
B M46,M47(とも座の散開星団)
C M67(かに座の散開星団)
D M81,M82(おおぐま座の銀河
E M51(子持ち銀河)
F M97(ふくろう星雲)、M108(サーフボード銀河)
G NGC2903(しし座の銀河)
H M65、M66、NGC3628(しし座の三つ子銀河)
I NGC4565(針銀河)
J M3(りょうけん座の球状星団
K M84、M86、NGC4388、NGC4435、NGC4438など(おとめ座銀河団)

Mメシエカタログ番号、
NGCニュージェネラルカタログ番号です。

(月の画像は、NASA Scientific Visualization Studioより作成。リンク先は天文学辞典、または、Stellar Scenes(栗田直幸さんの写真集サイト)です。)
posted by rihaku at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会