2022年01月01日

水星が観望好期

★ 1月1日〜13日ごろ、日の入り後の南西の低空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上離れないので、空が暗くなってから1時間もすると沈んでしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。もっとも条件良く見られるのは1月8日ごろです。
★ 水星は地平線からの高さが10度以下くらいととても低くに見えるので、南西の方向に見晴らしの良い場所で、夕方17:30〜18:10頃に観察してみましょう。1等星の2〜5倍の明るさなので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、太陽が沈む17:10以降にして下さい。
★ 1日〜3日は明るい金星が右下に、4日は細い月が左にあり、探す目印になります。5日以降は土星が左上から接近してきます。

水星の次の観望好期は、2月中旬の明け方です。

水星_20220101-0113.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は2倍に拡大して描いています。)
タグ:水星
posted by rihaku at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

1月の星空

星図_202201a.png

★ 新年あけましておめでとうございます。2019年に初めたこのブログも4年目を迎えました。星空に興味を持ってもらえるようなページ作りを、今後も続けてゆきたいと思います。よろしくお願いいたします。
その一つとして、月に1つくらいのペースで不定期に星座を紹介するページをスタートする予定です。お楽しみに。

★ 注目の天文現象
星2   1日〜13日ごろ:水星の観望好期
星2   3日〜4日:しぶんぎ座流星群の活動ピーク
星2 16日〜21日:ISS(国際宇宙ステーション)が上空を通過

★ 今月の惑星
水星 ★ 上旬の17時半〜18時ごろ、南西の空低くに見えます。
金星 ★ 下旬以降、日の出前の南東の空低くに見えます。
火星 ★ 太陽に近く観望に適しません。
木星 ★ 18時ごろから19時〜20時ごろまで、南西の空に見えます。
土星 ★ 太陽に近く観望に適しません。

★ 日の出・日の入り時刻【奈良市】
  1日 出 7:04 / 入り 16:57
11日 出 7:04 / 入り 17:05
21日 出 7:01 / 入り 17:14
31日 出 6:56 / 入り 17:25

★ 月の満ち欠けと月の出・月の入り時刻【奈良市】
  3日 ★ 朔 (新月)
     出 07:35/入 17:18
10日 ★ 上弦(半月)
     出 11:55/入 00:58(翌日)
18日 ★ 望 (満月)
     出 17:18/入 08:02(翌日)
25日 ★ 下弦(半月)
     出 23:27(前日)/入 11:04

星図_202201b.png
タグ:星空
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空