2021年11月28日

天体観望会を開催しました

★ けいはんな記念公園で天体観望会を開催しました。緊急事態宣言や雨天・曇天などでの中止が続いていたので、今年はじめての開催となりました。お天気は快晴で、2時間の間にたくさんの天体観望をしていただき、季節の星座案内を聞いていただけました。

【観望した天体】
金星、木星、土星、M57(リング星雲)、M27(あれい星雲)、M2、M15、M31(アンドロメダ銀河)、M52、NGC7789、NGC457(ET星団)
【紹介した天体】
はくちょう座、こと座、わし座、みなみのうお座、ペガスス座、ペルセウス座、おうし座、ぎょしゃ座

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました★
次回は12月12日(日)17:30〜19:30です。

天体観望会_20211128a.jpg
天体観望会_20211128b.jpg
天体観望会_20211128c.jpg
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

本日(11/28)天体観望会開催します。

★ 本日の天体観望会は、予定通り開催します。外は冷えますので、暖かい格好でお越しください。ご参加お待ちしています。★
★ 日時:11月28日(日)17:30〜19:30
★ 場所:けいはんな記念公園 芝生広場 西入口付近
★ 参加申込不要、参加料無料、時間内自由参加
★ 子どもの方は、かならず大人の方といっしょにお越し下さい。

★ 今日の星空
20211128.png

★ 今日の観望(予定)天体
【惑星】
金星
土星
木星
惑星状星雲
@ M57(リング星雲)
A M27(あれい星雲)
球状星団
B M15
C M2
銀河
D NGC7331
E M31(アンドロメダ銀河)
F M33(さんかく座銀河)
G M74
散開星団
H M52
I NGC7789
J NGC457(ET星団)
K NGC869,884(二重星団)

Mメシエカタログ番号、
NGCニュージェネラルカタログ番号です。

(リンク先は天文学辞典、または、佐久市うすだスタードームです。)
posted by rihaku at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

11月天体観望会のお知らせ

★ 11月28日(日)けいはんな記念公園で天体観望会を開催いたします。観望好期となっている、金星、土星、木星をはじめ、秋の夜空に見える星座や、星団、星雲、銀河などを観望します。

★ 新型コロナウイルス感染症対策で接触を避けるため、望遠鏡を直接覗くのではなく、望遠鏡映像をモニターで観望していただきます。
みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越し下さい ★

★ 日時:11月28日(日)17:30〜19:30
★ 場所:けいはんな記念公園 芝生広場 西入口付近
★ 参加申込不要、参加料無料、時間内自由参加
★ 子どもの方は、かならず大人の方といっしょにお越し下さい。
★ 雨天、曇天時は中止です。当日15:30までに当ホームページでお知らせします。

2021年はこの後、12/12に天体観望会を予定しています。

2021.08-12チラシ.jpg
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

2021年11月27日

望遠鏡工作教室を開催しました

★ けいはんなオープンイノベーションセンター(精華町/木津川市)で望遠鏡工作教室を開催しました。
★ C日程2回目となる今回は、望遠鏡の使い方のおさらいをして、金星、木星、土星についての講義のあと、外に出て望遠鏡で金星、木星、土星の観望をしました。
★ 日中は、晴れていたかと思ったら小雨がぱらついたりと変わりやすいお天気でしたが、観望している時間はちょうど晴れて、金星や木星、土星を観察することが出来ました。高倍率(66倍)での天体導入は苦労されている方が多かったですが、低倍率(16倍)は、みなさんできているようで良かったです。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。お家でも望遠鏡使ってくださいね★

望遠鏡工作教室_20211127a.jpg
望遠鏡工作教室_20211127b.jpg
望遠鏡工作教室_20211127c.jpg
望遠鏡工作教室_20211127d.jpg

posted by rihaku at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学教室

2021年11月19日

部分月食

★ 11月19日の夜、月食が見られます。
月は太陽の光を反射して光っていますが、地球の影に月が入って暗くなる現象が月食です。
★ 奈良では、月が上る17時ごろにはすでに月食が始まっていて、半分ほどが欠けた状態で月が上ります。その後、次第に欠けていって、18:03に欠ける割合が最大となとなった後、欠けた部分が徐々に減ってゆき、19:47に月食が終わります。
月全体が地球の影に入る月食を皆既(かいき)月食と言いますが、今回の月食は最大で98%までしか欠けないので、惜しくも皆既月食とはならず部分月食となります。
★ 前回奈良で月食を見るチャンスがあったのは、今年の5月26日ですが、残念ながら曇り空で見られませんでした。条件よく見られる月食としては、2018年1月31日以来、3年10ヶ月ぶりとなります。次に奈良で月食が見られるのは、2022年11月8日です。

月食_202111119.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は5倍に拡大して描いています。)
タグ:月食
posted by rihaku at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日食・月食・星食