2021年07月31日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が、7月31日〜8月6日の夜に見られます。いずれも、北西方向から南東方向へ通過してゆきます。
【見える時間】
 7/31 20:56 → 20:59(地球の影に入り見えなくなる)
 8/01 20:09 → 20:14
 8/02 20:59 → 21:01(地球の影に入り見えなくなる)
 8/03 20:11 → 20:16
 8/04 19:24 → 19:31
 8/06 19:26 → 19:33

★ ISSには、日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんが、船長として4月から搭乗しています。

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅せず音もしないので、飛行機と区別が付きます。

次回は9月14日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)

20210731.png
20210801.png
20210802.png
20210803.png
20210803_orbit.jpeg
20210804.png
20210806.png
タグ:ISS
posted by rihaku at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2021年07月14日

天和コアモジュールの上空通過

★ 4月29日に打ち上げられた、中国の宇宙ステーション「天宮」のコアモジュール「天和」の上空通過が、7月14、16日の夜に見られます。いずれも、北西方向から南東方向へ通過してゆきます。

【見える時間】
 7/14 20:31 → 20:33
 7/16 20:05 → 20:08
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からの距離が遠く、観察が難しいものは挙げていません。)

★ 天和は1〜2等級の明るさなので肉眼で見ますが、街灯や家の灯りの少ない、なるべく暗い場所で見て下さい。14日は1等星ベガ(こと座)、16日は1等星アークトゥルス(うしかい座)のそばを通過してゆくので、それらを目印に待ち構えていると良いでしょう。

次回は8月24日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)

天和_20210714_orbit.jpeg
天和_20210714.png
天和_20210716.png
タグ:天和
posted by rihaku at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2021年07月13日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が、7月13日〜16日の夜に見られます。いずれも、南西方向から北東方向へ通過してゆきます。
【見える時間】
 7/13 20:32 → 20:38
 7/14 19:45 → 19:51
 7/15 20:34 → 20:41
 7/16 19:47 → 19:53

★ ISSには、日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんが、船長として4月から搭乗しています。

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅せず音もしないので、飛行機と区別が付きます。

次回は7月31日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)

ISS_20210713.png
ISS_20210714.png
ISS_20210715.png
ISS_20210716.png
ISS_20210716_orbit.jpeg
タグ:ISS
posted by rihaku at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2021年07月10日

金星、火星、月が集合

★ 7月10日〜16日ごろ、金星と火星が接近して見えます。最も接近するのは13日で、0.5度(満月1個分)にまで大接近します。
金星は19時半ごろ、火星は20時ごろから、西の空低くに見えますが、20時半すぎには沈んで見えなくなってしまいます。西の方角に見晴らしの良い場所で、機会を逃さず観察しましょう。
火星は2等級で、金星(マイナス4等級)の200分の1の暗さなので、肉眼では見えないかも知れません。その場合は、双眼鏡で観察してみましょう。
★ 12日には、接近中の金星、火星にさらに細い月(三日月)が接近します。月と金星の接近は肉眼でも楽しむことが出来るでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の2倍の大きさで描いています。)

月、金星、火星_20210710-16.png
タグ: 金星 火星
posted by rihaku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2021年07月06日

水星が観望好期

★ 7月6日〜14日頃、日の出前の東の低空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上離れないので、上ってから1時間もすると空が明るくなってしまい、わずかな時間しか見ることが出来ません。
★ 東の方向に見晴らしの良い場所で、明け方4時頃に観察してみましょう。1等星の2〜4倍の明るさなので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、太陽が上る4:50頃には終わるようにして下さい。
★ 7月8日には、細い月が水星の上に見えます。

水星の次の観望好期は、10月下旬の明け方です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星_20210706-14.png
タグ:水星
posted by rihaku at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期