2021年02月19日

月面X

★ 2月19日の18時〜19時頃、月面に「X」の文字が見られます。ブランキヌス、ラカイユ、プールバッハの3つのクレーターの境界部分に、横から太陽光が当たることで「X」の文字が浮かび上がって見える現象です。肉眼では観察できませんので、望遠鏡で見てみましょう。30倍くらいの倍率でも観察することが出来ます。また、月の欠け際が正面にあって、月正面のクレーターが観察しやすい時期でもありますので、他のクレーターも観察してみましょう。

月面Xは、月が1回満ち欠けする間(約29.5日)の間に1時間ほどしか見られず、かつ、その時間に月が上っていて、昼間でないという条件がつくので、月食ほどではないですが珍しい現象です。良い条件で月面Xが見られるのは、2020年2月1日以来で約1年ぶりとなります。今年は月面Xの「あたり年」で、月面Xを見られるチャンスが6回あります。次に月面Xを見られるのは4月19日です。

(画像は NASA Scientific Visualization Studio より作成)
月面X_20210219.jpg
タグ:月面X
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月面現象