2021年02月24日

水星が観望好期

★ 2月24日〜3月3日頃、日の出前の東の空で水星が見られます。
水星は太陽から28度以上離れないので、上ってから1時間もすると空が明るくなってしまい、わずかな時間しか見ることが出来ません。2月末〜3月初めは日の出が遅く、あまり早起きしなくても5:30〜6:00頃に見ることが出来ますので、東の方向に見晴らしの良い場所で観察してみましょう。
水星は肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、太陽が上る6:20頃には終わるようにして下さい。水星の日の出前の高さがもっとも高くなるのは2月28日頃です。
★ 水星の右上には土星が、左下には木星が見えます。土星は水星よりやや暗く、木星は水星の約8倍の明るさです。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星_20210224.png
タグ:木星 土星 水星
posted by rihaku at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2021年02月19日

月面X

★ 2月19日の18時〜19時頃、月面に「X」の文字が見られます。ブランキヌス、ラカイユ、プールバッハの3つのクレーターの境界部分に、横から太陽光が当たることで「X」の文字が浮かび上がって見える現象です。肉眼では観察できませんので、望遠鏡で見てみましょう。30倍くらいの倍率でも観察することが出来ます。また、月の欠け際が正面にあって、月正面のクレーターが観察しやすい時期でもありますので、他のクレーターも観察してみましょう。

月面Xは、月が1回満ち欠けする間(約29.5日)の間に1時間ほどしか見られず、かつ、その時間に月が上っていて、昼間でないという条件がつくので、月食ほどではないですが珍しい現象です。良い条件で月面Xが見られるのは、2020年2月1日以来で約1年ぶりとなります。今年は月面Xの「あたり年」で、月面Xを見られるチャンスが6回あります。次に月面Xを見られるのは4月19日です。

(画像は NASA Scientific Visualization Studio より作成)
月面X_20210219.jpg
タグ:月面X
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月面現象

2021年02月13日

けいはんな科学体験フェスティバル ご参加ありがとうございました

★けいはんな科学体験フェスティバル2021」のオンライン観望会を開催しました。昼間はHα線での太陽観望、夜は冬の星空の天体観望を、初めての試みとしてネット中継で行いました。
昼の部は快晴で、プロミネンス、ダークフィラメント、プラージュなど、太陽表面の様子を観察していただけました。
夜の部は残念ながら少し雲がかかっていましたが、それでも雲越しに、1等星やオリオン大星雲、多数の星団を観察していただけました。
質問コーナーでは、たくさんの質問をいただき、みなさん宇宙にとても関心を持っておられるのだなぁ、と改めて感じました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

太陽を観察しよう1.jpg
冬の星座めぐり1.jpg
(※ 画像は昨日のものではありません。)
posted by rihaku at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

けいはんな科学体験フェスティバル2021 オンラインワークショップ「冬の星座めぐり」

★ 冬の星座めぐりの動画は コチラ からご覧下さい。(38分)

★ けいはんな科学体験フェスティバル2021のサイトは コチラ

冬の星座めぐり1.jpg

posted by rihaku at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2021年02月04日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ 日本人宇宙飛行士の野口聡一さんが、昨年11月から搭乗しているISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が、2月4日〜8日の日の入り後に見られます。いずれも、北西方向から南東方向へ通過してゆきます。
 2/4 18:27 → 18:31
 2/5 19:16 → 19:20
 2/6 18:29 → 18:35
 2/8 18:31 → 18:37

★ 特に6日の通過は、奈良のほぼ真上を通過しますので、長い時間明るく見ることができます。ベテルギウスやシリウスといった1等星のすぐそばを通ってゆきますので、明るさを比べてみましょう。

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅せず音もしないので、飛行機と区別が付きます。

次回は3月18日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)

ISS_20210204.pngISS_20210205.pngISS_20210206.pngISS_20200206_orbit.jpegISS_20210208.png
タグ:ISS
posted by rihaku at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体