2021年01月20日

HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の上空通過

★ 1月20日〜23日の日の入り後、HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の上空通過が見られます。上空通過といっても、本州のおよそ600km南の太平洋上、奄美大島〜小笠原あたりの上空を飛んでいます。
どの日も、南の方角、高さ30度くらいを右(南西)から左(南東)へまっすぐ飛んでゆく様子が観察できます。
 1/20 19:08 〜 19:12
 1/21 18:57 〜 19:01
 1/22 18:46 〜 18:51
 1/23 18:35 〜 18:41
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からの距離が遠く、観察が難しいものは挙げていません。)

★ HSTは肉眼で見えますが、2等級の明るさなので、街灯や家の灯りの少ない、なるべく暗い場所で見て下さい。
今回の上空通過はいずれも、くじら座で一番明るい星ディフダ(2等星)のすぐそばを通りますので、ディフダを目印に待ち構えていると良いでしょう。ほぼ同じ明るさで見ることが出来ます。

次回は3月6日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)
HST_20210121_orbit.jpegHST_20210120.pngHST_20210121.pngHST_20210122.pngHST_20210123.png
タグ:HST
posted by rihaku at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2021年01月17日

水星が観望好期

★ 1月17日〜30日頃、日の入り後の西の低空で、水星が見られます。
水星は太陽から28度以上離れないので、空が暗くなり始める頃には、地平線から10度くらいの高さしかなく、その後1時間ほどで沈んでしまいます。西の方向に見晴らしの良い場所で、18時頃に観察してみましょう。明るさは0〜マイナス1等級なので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、太陽が沈んでからにして下さい。
★ 水星の日の入り後の高さがもっとも高くなるのは1月25日頃ですが、明るさは23日以降、日に日に暗くなってゆきますので、なるべく期間の前半に観察した方が良いでしょう。

水星の次の観望好期は、2月下旬の明け方です。

(画像は ステラナビゲータ で作成)
水星_20210117.png
タグ:水星
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2021年01月16日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ 日本人宇宙飛行士の野口聡一さんが、昨年11月から搭乗しているISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が、1月16日〜21日の日の入り後に見られます。いずれも、南西方向から北東方向へ通過してゆきます。
 1/16 18:53 → 18:55
 1/17 18:06 → 18:10
 1/18 18:54 → 18:58
 1/19 18:06 → 18:12
 1/21 18:08 → 18:14

★ 特に19日の通過は、奈良のほぼ真上を通過しますので、長い時間明るく見ることができます。

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅せず音もしないので、飛行機と区別が付きます。

次回は2月5日頃に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)
ISS_20210119orbit.jpegISS_20210116.pngISS_20210117.pngISS_20210118.pngISS_20210119.pngISS_20210121.png
タグ:ISS
posted by rihaku at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2021年01月10日

オンライン天体観望会のお知らせ

★ 2月13日(土)オンライン天体観望会を開催します。(小学1〜6年生対象)
これは、「けいはんな科学体験フェスティバル2021」(主催:K-Scan(けいはんな科学コミュニケーション推進ネットワーク))内のワークショップとして開催するものです。

★ 事前のお申し込みが必要です。(1月21日〆切)
お申し込みは、K-Scanウェブサイト からお願いします。

★ 11:30-12:30「太陽を観察しよう」
Hα輝線という特殊な光で撮影した太陽映像をオンラインで観望します。黒点、プラージュ、プロミネンス、ダークフィラメントなど、活動する太陽表面の様子を観察してみましょう。

★ 19:00-20:30「冬の星団・星雲めぐり」
冬の夜空に散らばる星団・星雲をオンラインで観望します。冬の天の川の周りには、星団・星雲がたくさん見られます。星団ごとに特徴のある星の集まり方や、星の色、星雲の形や色などを観察してみましょう。

天体観望会
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

2021年01月03日

しぶんぎ座流星群

★ 三大流星群の1つ、しぶんぎ座流星群の活動がピークを迎えます。1月4日0時(3日24時)〜5時半頃にかけて、たくさんの流れ星が見られると予想されます。残念ながら今年は月明かりがあるので、見える流れ星の数が少なくなります。1時間に数個程度の流れ星が見られるでしょう。
★ 「しぶんぎ座」というのは、うしかい座とりゅう座の間に昔あった星座で、現在はありません。チリの粒が昔のしぶんぎ座の方向(「放射点」といいます)の宇宙から地球に飛び込んで来て、流れ星となって見えるので、「しぶんぎ座流星群」という名前がついています。しかし、流れ星はしぶんぎ座に限らず、夜空のどこにでも現れるので、望遠鏡や双眼鏡は使わず、月の方を見ないようにして、肉眼で夜空全体を観察しましょう。
★ 街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。暗い場所に行ってから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも15分間は観察を続けましょう。また、この季節の屋外はとても冷えます。しっかり寒さ対策をして観察しましょう。

しぶんぎ座流星群.png
タグ:流星群
posted by rihaku at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空