2019年08月25日

8月25日 天体観望会の開催について

本日 8月25日けいはんな記念公園で予定しておりました天体観望会は、雨天のため中止といたします。楽しみにされていたみなさま申し訳ございません。次回の天体観望会は、9月21日を予定しています。ご参加お待ちしています。
posted by rihaku at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

8月天体観望会

★ 天体観望会を 8月25日(日)に開催します。
観望好期を迎えている木星、土星のほか、夏の星団や星雲を望遠鏡で観望します。
木星は縞模様やガリレオ衛星、土星は環が観察できます。
星雲はM8(干潟星雲)、M17(オメガ星雲)、M57(環状星雲)、星団はM13(ヘルクレス座の球状星団)、M22(いて座の球状星団)、M11(野鴨星団)などの観望を予定しています。
みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越し下さい★

★ 日時:8月25日(日)19:30〜21:00
★ 場所:けいはんな記念公園 芝生広場 西入口付近
★ 参加申込不要、参加料無料
★ 望遠鏡をお持ちいただければ、使い方のアドバイスをいたします。
★ 子どもの方は、かならず大人の方といっしょにお越し下さい。
★ 雨天、曇天時は中止です。(開始3時間前に当ホームページでお知らせします)

20190721観望会ポスター
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

2019年08月22日

子どもむけ天文教室のお知らせ

★ 口径5cmの望遠鏡を組み立てて、月や土星、木星を観望する、子ども向け天文教室を開催します。組み立てた望遠鏡は、各自お持ち帰りいただけます。
マイ望遠鏡を工作して、月のクレーターや土星の環を見てみませんか?

【対象】小学校3〜6年生(保護者同伴、または送迎をお願いします)
【定員】80名(各会場40名ずつ)
【参加費】500円(2回分)

★ 下記2会場で開催します。内容は同じです。どちらかを選んで下さい。第1回、第2回は連続する内容です。通しでご参加下さい。

【A会場】
けいはんなオープンイノベーションセンター(木津川市木津川台9-6/精華町精華台7-5-1)
第1回 8月10日(土)17:00〜20:00
第2回 9月14日(土)18:00〜20:00
--------------------------------------------------
《8月1日追記》A会場の申し込みは、すでに締め切りました。
ご応募いただいた方には、参加証(はがき)を郵送いたしました。
--------------------------------------------------

【B会場】
奈良学園小学校(奈良市中登美ヶ丘3-15-1)
第1回 9月7日(土)15:30〜18:30
第2回 10月26日(土)16:30〜18:30
--------------------------------------------------
《8月22日追記》8月20日までにB会場にお申し込みいただいた方には、参加証(はがき)を郵送いたしました。
ひきつづき、8月27日までお申し込み受け付けています。
--------------------------------------------------

★ いずれも雨天でも開催

お申し込みはコチラ↓
https://www.secure-cloud.jp/sf/1561942261wcEqsSdh
(A会場申し込み〆切:7月29日、B会場申し込み〆切:8月27日)

講師:嶋田理博(奈良学園大学 教授)
主催:けいはんな科学共育デザインラボ
助成:国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」
後援:精華町教育委員会、奈良学園小学校、奈良学園大学 社会国際連携センター



【代替テキスト】

posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学教室

2019年08月15日

HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の上空通過

★ 8月15日〜20日の夜、HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の上空通過が見られます。上空通過といっても、奈良からおよそ700km南の太平洋上、緯度でいうと奄美大島あたりの上空を飛んでいます。
どの日も、南の方角を見ていると高さ30度くらいを右(南西)から左(南東)へまっすぐ飛んでゆくように見えます。
 8/15 20:27 南西→20:29 南(地球の影に入り見えなくなる)
 8/16 20:16 南西→20:19 南(地球の影に入り見えなくなる)
 8/17 20:05 南西→20:08 南→20:09(地球の影に入り見えなくなる)
 8/18 19:55 南西→20:58 南→19:59 南東
 8/19 19:44 南西→19:47 南→19:49 南東
 8/20 19:34 南西→19:36 南→19:39 南東
(※ 他に見られる日時もありますが、観察が難しいものは除いています。)

★ 8月15日〜20日はいずれも、木星のすぐそばをかすめてゆきます。また、8月17日〜20日は土星のそばもかすめてゆきます。

★ HST(ハッブル宇宙望遠鏡)は、肉眼で見えますが、2等級の明るさで、木星や土星よりもずっと暗く、さそり座のアンタレスよりもやや暗いくらいの明るさなので見つけにくいかも知れません。見つけにくい場合は、木星や土星のあたりに双眼鏡を向けて待ち構えていると良いでしょう。太陽光の反射の加減で、ふわっと1等星よりも明るくなることが、たまにあります(フレア現象)。
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した写真を見たことがある人は多いと思いますが、ハッブル宇宙望遠鏡そのものを見たことがある人は少ないのではないでしょうか。この機会にぜひ見てみましょう。
次回は10月上旬に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)
ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過
タグ:HST
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2019年08月13日

ペルセウス座流星群

★ ペルセウス座流星群がピークを迎えます。
ペルセウス座流星群の活動そのものは、7月下旬から始まっていて、8月下旬まで流れ星を見ることが出来ますが、特に8月11日〜14日の夜、たくさんの流れ星が現れます。一番たくさんの流れ星が現れると予想されているのは、8月12日の夜から13日の未明にかけてです。

流れ星は21時頃から翌朝4時頃にかけて見えます。時間が遅いほど流れ星の数が増えてゆき、21時頃は1時間に数個程度、0時頃は1時間に数個〜十個程度、3時頃は十個〜十数個程度の流れ星が見られるでしょう。

残念ながら今年は、ほぼ満月に近い月明かりがあるので、見える流れ星の数が例年に比べて少ないと予想されるのですが、12日未明の2時〜4時、13日未明の3時〜4時は月が沈んでいるので、たくさんの流れ星を見るチャンスです。

★ 流れ星がペルセウス座の方向(「放射点」といいます)から地球に飛びこんでくるので、「ペルセウス座流星群」という名前がついています。しかし、流れ星はペルセウス座に限らず、夜空のどこにでも現れるので、望遠鏡や双眼鏡は使わず、月の方を見ないようにして、肉眼で夜空全体を観察しましょう。
★ 街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。暗い場所に行ってから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも15分間は観察を続けましょう。

ペルセウス座流星群ペルセウス座流星群ペルセウス座流星群
タグ:流星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期