2019年06月18日

水星と火星が接近


★ 6月中旬〜下旬は水星の観望好期ですが、6月18日の前後数日間、水星と火星が接近して見えます。
 水星と火星は、日没後20時頃に西北西(真西から20°くらい北)の方角、高さ10°くらいのところに輝いています。20時頃に、西方向の見晴らしが良いところで観察して下さい。5分に1°ずつくらいの速度ですぐ沈んでしまうので、見るチャンスを逃さないようにしましょう。明るさは、水星が0等級、火星が2等級で、水星の方が5倍くらい明るいです。
 水星と火星は、18日に最接近して、0.3°にまで近づきます。これは、100倍の望遠鏡で見ても同じ視野に入るほどの近さです。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星と火星


★(6.18追記)
天気が良く、水星と火星が並んでいるのが見られました。
【代替テキスト】
タグ:火星 水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2019年06月16日

月と木星が接近


★ 6月16日夜〜6月17日未明、月と木星が接近して見えます。
月と木星は空が暗くなる19時半頃から、翌朝4時頃に沈むまで、南東〜南西の空に見えています。
 月と木星の距離は、16日21時で約3.5°、17日3時で約1.5°(月の直径は約0.5度)と、明け方にかけて次第に近づいてゆきますが、最も接近する17日の5時半頃は、残念ながら沈んでしまっています。
 満月前日の丸い月と、夜空でひときわ明るく輝く木星(マイナス3等級)の競演を楽しみましょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際よりも大きく描いています。)
月と木星

タグ: 木星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2019年06月09日

日没後の水星が観望好期


★ 6月の中旬〜下旬、日没後に水星が見られるようになります。

水星は地球の内側を回っているため、太陽から28°以上離れて見えることはなく、真夜中には見られず、日没後と日出前のわずかな時間帯にしか見られません。日没後に水星が見られる機会は、2019年に3回ありますが、今回は高さや見られる期間などの条件が最も良いです。

★ 水星は、西北西(真西から20°くらい北)の方角、高さ10°くらいのところに輝いています。20時頃に、西向きの見晴らしが良いところで観察して下さい。本来は白色ですが、夕日が赤く見えるのと同じでオレンジ色に見えます。

★ 肉眼で見つけるのが難しい場合は、双眼鏡で探してみましょう。ただし、太陽を見てしまうと危険なので、必ず日没後(19:30以降)に見るようにして下さい。

★ 日没後の西の空には水星の他に、火星、ふたご座のカストル、ポルックスも輝いています。水星が一番明るく(0〜1等級)、ポルックスが2番目(1等級)、カストルと火星がその次の明るさ(2等級)です。18日には、水星と火星が大接近します。

次に条件良く水星が見られるのは、日出前だと8月上旬、日没後だと来年2月上旬になります。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
【代替テキスト】

タグ:水星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2019年06月04日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ 6月4日〜7日の夜、ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が見られます。
 6/4 20:58 北西→21:01 真上(地球の影に入る)
 6/5 20:08 北西→20:12 北東→20:14 東
 6/6 20:56 北西→20:59 南西
 6/7 20:06 北西→20:09 真上→20:11 南東
(※ 5月29日〜6月9日の間、他に見られる日時もありますが、奈良から遠い所を通過するため観察が難しいです。)

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(マイナス3〜マイナス4等級)ですが、チカチカ点滅しないので、飛行機と区別が付きます。
次回は7月下旬に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)
ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過
タグ:ISS
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2019年06月01日

木星 大赤斑が見える日時


★ 木星が見えるようになってきましたので、6月の夜半前(20〜24時)に、大赤斑が正面に見える日時をまとめました。口径5-6cmの望遠鏡では、見るのは少し難しいかも知れませんが、観望の参考にして下さい。
木星は、6月の夜半前(20〜24時)だと南東〜南の空に見えます。ひときわ明るく輝いているので(マイナス3等級)、すぐに分かります。

・6/01 21:50-23:20
・6/06 21:30-22:20
・6/08 22:00-24:00
・6/11 21:10-21:30
・6/13 21:10-23:10
・6/18 20:40-22:20
・6/20 21:50-23:50
・6/23 20:10-21:20
・6/25 21:00-23:00
・6/28 20:10-20:30
・6/30 20:10-22:10

木星
タグ:木星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期