2019年05月20日

月と木星が接近


★ 5月20日の深夜、南の空で、月と木星が接近します。
月と木星は、21時頃に上り、翌朝4時半頃に空が明るくなるまで、南東〜南西の空に見えています。
 最も接近するのは21日の2時半頃で、月の端と木星との距離が約0.6度まで接近します。月の直径は約0.5度ですので、0.6度というのは、望遠鏡で見ても同じ視野に入るくらいの近さです。20日の22時頃でも、1.7度くらいに接近して見えます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際よりも大きく描いています。)
月と木星

タグ: 木星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2019年05月18日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ 5月18日、19日、21日の夜、ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が見られます。

 5/18 20:32 南西→20:35 北西→20:38 北東
 5/19 19:41 南西→19:44 南東→19:47 北東
 5/21 19:36 西→19:39 北西→19:42 北東
(※ 5月17日〜23日の間、他に見られる日時もありますが、奈良から遠い所を通過するため観察が難しいです。)

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(マイナス2〜マイナス4等級)ですが、チカチカ点滅しないので、飛行機と区別が付きます。
次回は6月初めに見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)

ISS上空通過ISS上空通過ISS上空通過
タグ:ISS
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2019年05月06日

みずがめ座η流星群


★ みずがめ座η(エータ)流星群が見頃です。
夜中の2時〜3時半頃、1時間に数個〜10個程度の流れ星がみずがめ座のあたり(放射点)から流れるのが見られます。月明かりもなく好条件です。

★ 最もたくさん見えると予想されるのは、5月6日夜(7日未明)ですが、前後2〜3日間も同じくらいの数が見えると予想されます。6日夜は、翌日の学校や仕事にそなえて早く休んだ方が良いでしょうし、晴れるとは限りませんので、連休中の3日〜5日の夜(4日〜6日未明)に見ると良いでしょう。
★ 「みずがめ座η流星群」という名前ですが、流れ星はみずがめ座(東の空)に限らず、夜空のどこにでも現れます。
★ 見える範囲が狭い望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼で夜空全体を観察しましょう。
★ 街灯や家の灯りが目に入らない、なるべく暗い場所で観察しましょう。
★ 明るい場所から出てから、暗さに慣れて流れ星が見えるようになるまで時間がかかります。最低でも30分間は観察を続けましょう。


みずがめ座η流星群
みずがめ座η流星群
タグ:流星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2019年05月01日

5月の星空


★ 昨年7月に大接近した火星は、すっかり暗くなってしまいましたが、まだ西の空で輝いています。一昨年の11月頃からずっと夜空に見えていましたが、いよいよ見納めです。次は、今年の12月頃に東の空に見えるようになります。
夜空には、しし座、おとめ座、おおぐま座、うしかい座、うみへび座、からす座など、春の星座が勢ぞろいしています。


【5月注目の天文現象】
星2 7日(未明):みずがめ座η流星群が極大
星2 20日:月と木星が接近

【5月のこよみ】
6日 立夏、21日 小満

【5月の日の出・日の入り(奈良市)】
  5日 出5:03 没18:44
15日 出4:54 没18:52
25日 出4:48 没18:59

【5月の月の満ち欠けと月の出・月の入り(奈良市)】
★   5日 朔 (新月)出05:24 没18:57
★ 12日 上弦(半月)出11:32 没01:29(翌日)
★ 19日 望 (満月)出18:12(前日) 没05:08
★ 27日 下弦(半月)出00:51 没11:59


2019/05星空2019/05星空
タグ:星空
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空