2019年03月31日

火星とプレアデス星団が接近

★ 3月末から4月初めにかけて、火星がおうし座のプレアデス星団(すばる)の近くを動いてゆきます。最も接近するのは3月31日で、その後、火星は同じおうし座のヒアデス星団に近づいてゆきます。

★ 火星とプレアデス星団は、19時〜21時頃、西の空に見えます。肉眼で見ることも出来ますが、双眼鏡で見ると火星とプレアデス星団が同じ視野に見えて、火星が日ごとに左上に動いてゆく様子を観察することが出来ます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)

posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2019年03月23日

サイエンスプログラム in せいか を開催しました

★ KICK(けいはんなオープンイノベーションセンター、精華町/木津川市)で開催されたサイエンスプログラム in せいか」の中の6講座の中の1つ「太陽の光を調べよう」を担当しました。

★ 分光器(光をスペクトルに分ける装置)を工作して、それを使って色々な電球、スペクトル管、太陽を観察し、スペクトルから何が分かるのかを学びました。
★ ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

サイエンスプログラムinせいかサイエンスプログラムinせいか
タグ:イベント
posted by rihaku at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学教室

サイエンスプログラム in せいか

★ 3月23日(土)に、KICK(けいはんなオープンイノベーションセンター、精華町/木津川市)で開催される「サイエンスプログラム in せいか」の6講座の中の1つを担当します。
★ 分光器(光をスペクトルに分ける装置)を工作して、 それを使って色々な電球、放電管、太陽などを観察します。
★ 内容詳細・お申し込みは、けいはんな科学共育デザインラボ(http://ksed-lab.jp/)まで。

サイエンスプログラムinせいかサイエンスプログラムinせいか
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学教室

2019年03月21日

ISS(国際宇宙ステーション)

★ 3月21日、23日の19時すぎ、ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が見られます。夕方の空に見えるのは1ヶ月半ぶりになります。
 3/21 19:06頃 南西→19:10頃 南東→19:12頃 北東
 3/23 19:01頃 南西→19:04頃 北西→19:07頃 北東
(※ 3月19日〜25日の間は毎日見れますが、上記以外は高さが低いなどで観察が難しいです。)

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(マイナス2〜マイナス4等級)ですが、チカチカ点滅しないので、飛行機と区別が付きます。
次回は4月上旬に見られる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)

ISS_20190321.png ISS_20190323.png
タグ:ISS
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2019年03月13日

月とアルデバランが接近

★  3月13日の夜、月とアルデバラン(おうし座の1等星)が接近します。

★  日没後の19時頃から、月が沈む0時頃まで、半分より少し欠けた月と、オレンジ色の1等星アルデバランがならんでいる様子を西の空に見ることができます。最も接近するのは20時頃で、約1.4°(満月の大きさ2.5個分)まで接近します。

★  アルデバランのそばには、おうしの顔にあたるV字型にならんだ「ヒアデス星団」があります。双眼鏡で見ると、同じ視野に、月とアルデバラン、そしてヒアデス星団のたくさんの星々を見ることが出来ます。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。1枚目画像の月は実際より大きく描いています。)
月・アルデバラン 月・アルデバラン
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象