2019年01月28日

月が木星、金星、土星に次々接近

★ 明け方の南東の空では、木星、金星、土星が一列に並んでいますが、1月31〜2月1日に、細く欠けた月が木星(1/31)、金星(2/1)、土星(2/2)に次々と接近します。
3惑星と月が接近するチャンスは、なかなかありません。6時頃でも見れますので、少し早起きして4天体の競演を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

(1枚目の写真は、今年の1月2日に月と金星が接近したときの写真。左下の明るい星は木星です。1〜4枚目の画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際より大きく描いています。)

月・金星・木星 月・金星・木星・土星月・金星・木星・土星月・金星・木星・土星_20190202.png
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2019年01月27日

けいはんな科学体験フェスティバル2019 無事終了

★ 昨日の「けいはんな科学体験フェスティバル2019」(@精華町 けいはんなプラザ)無事終了しました。


★ けいはんな子ども天文クラブは、「太陽を観察しよう」というテーマで、太陽望遠鏡のブースを出展しました。
午前中はあいにくの曇り空だったので、屋内で望遠鏡操作体験をしていただきました。
さいわい、14時〜15時頃に晴れ間が出て、1時間ほどでしたが太陽専用の望遠鏡で太陽を観察していただくことが出来ました。
プロミネンスは見られませんでしたが、ここ1、2年は出現数の少ない(出現確率40%)黒点が見られ、黒点を観察していただくことが出来ました。

ご来場いただいたみなさま。ありがとうございました。

太陽観望会は4月にも計画しています。昨日来れなかった方々、今度はプロミネンスを見てみたいという方々は、ぜひまたお越し下さい。
科学体験フェスティバル_20190126a.jpg科学体験フェスティバル_20190126b.jpg
タグ:太陽
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

2019年01月26日

けいはんな科学体験フェスティバル2019

1月26日(土)の「けいはんな科学体験フェスティバル2019」(@精華町 けいはんなプラザ)に出展します。太陽観察のコーナーです。


太陽黒点、プロミネンス、ダークフィラメント、プラージュなど太陽の活動現象を観察します。使用する望遠鏡は太陽観測専用のHα望遠鏡で、一般の方はなかなか目にする機会のないものと思います。ぜひお越し下さい

太陽_20190126.jpg
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

2019年01月23日

明け方の木星と金星が見頃

★ 明け方の南東の空に木星が見えるようになってきました。

1月下旬は、金星と並んで輝いている様子が観望でき、1月23日には2.5°まで接近します。金星・木星の右側には、さそり座の1等星アンタレスも並んで光っています。
この後、木星は次第に上る時刻が早まってゆき、4月になると深夜の空に見られるようになります。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
金星・木星_20190123.png
タグ:金星 木星
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象

2019年01月21日

1/19〜1/26 国際宇宙ステーション

★ 1月19日〜26日の日没後、国際宇宙ステーション(ISS)が見れます。日没後の時間帯としては、今年最初の日本上空通過です。観察しやすいのは、21、22、23、24日です。
どの日も、地球の影に入ってふっと消えてしまう様子が観察できます。
 1/21 18:55頃 南西→19:00頃 西
 1/22 18:06頃 南西→18:09頃 南東→18:11頃 北東
 1/23 18:51頃 西 →18:54頃 北
 1/24 17:58頃 南西→18:01頃 北西→18:14頃 北東
(※ 他にも見れる日はありますが、高さが低いなどで観察しにくいです。)

★ 国際宇宙ステーション(ISS)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(マイナス2〜マイナス4等級)ですが、チカチカ点滅しないので、飛行機と区別が付きます。
次回は2月上旬に見れる予定です。

(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より)

ISS_20190121.pngISS_20190122.pngISS_20190123.pngISS_20190124.png
タグ:ISS
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体