2024年05月26日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ ISS(国際こくさい宇宙うちゅうステーション)の上空通過つうかが、5月26日〜31日の夜に見られます。
いずれも、北西方向から南東方向へ通過してゆきます。
【見える時間】
 5/26 20:58 → 21:01(地球のかげに入り光らなくなる)
 5/28 20:57 → 21:00(地球のかげに入り光らなくなる)
 5/29 20:08 → 20:13
 5/31 20:07 → 20:12
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からのきょりが遠く、観察かんさつがむずかしいものはのせていません。また、ISSの軌道きどう変更へんこうにより、通過時刻じこく予報よほうから2〜3分ずれることがあります。)

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡ぼうえんきょう双眼鏡そうがんきょうを使わなくても、まちなかで肉眼にくがんで見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機ひこうきかと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅てんめつせず音もしないので、飛行機と区別くべつがつきます。

★ 次は7月9日ごろに見られる予定です。

ISS_orbit_20240526
ISS_pass_20240526
ISS_orbit_20240528
ISS_pass_20240528
ISS_orbit_20240529
ISS_pass_20240529
ISS_orbit_20240531
ISS_pass_20240531
(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)
タグ:ISS
posted by rihaku at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2024年05月19日

季節の星座案内 〜かみのけ座〜

★ しし座とうしかい座の間にある星座です。いちばん明るい星でも4等星なので、街中まちなかでは肉眼にくがんで見えません。双眼鏡そうがんきょうで見ると、暗い星がたくさん集まっていることが分かり、昔の人はこれをかみのけに見立てたのだなと感じます。20時〜21時ごろの時間だと、3月〜7月ごろに見ることができます。

星図カラー2024_05-06.png

★ かみのけ座の物語
ヘレニズム時代(今から2000〜2300年くらい前)には、エジプトの王妃おうひベレニケ2世が、戦争に行った国王プトレマイオス3世の無事を祈って女神アフロディーテにささげた髪の毛とされていました。星座としてあつかわれるようになったのは16世紀せいきに入ってからのことです。

かみのけ座a.jpg

★ かみのけ座の天体

★ Melメロッテ 111
たくさんの星が三角形に集まっている星団せいだんです。双眼鏡そうがんきょうで見ると、視野しやいっぱいに数十の星が見えます。地球から260光年のきょりにあります。
★ かみのけ座24番星
オレンジ色の5等星と青い7等星がならんでいて、色の対比たいひが美しい二重星です。双眼鏡そうがんきょうでは1つの星にしか見えないので、望遠鏡ぼうえんきょう観察かんさつしましょう。
★ かみのけ座32番星、33番星
オレンジ色の6等星と白い7等星がならんでいる二重星です。双眼鏡そうがんきょうでも2つに分かれて見えます。

かみのけ座b.jpg
Mel111.jpg
24,32-33Com.jpg

むらさき色の大きい円は5倍くらいの双眼鏡そうがんきょうで見えるはんい(10度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡ぼうえんきょう国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。
2〜5まい目の図はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成さくせいしました。リンク先は 国立天文台ギャラリー、または、栗田直幸さんのサイトStellar Scenesです。
タグ:星座
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2024年05月11日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ ISS(国際こくさい宇宙うちゅうステーション)の上空通過つうかが、5月11日、12日の夜に見られます。特に5月12日は奈良のほぼ真上を通過するので、とても明るく見えます(マイナス3.7等級、1等星の70倍の明るさ)。
いずれも、南西方向から北東方向へ通過してゆきます。
【見える時間】
 5/11 20:26 → 20:33
 5/12 19:37 → 19:43
(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からのきょりが遠く、観察かんさつがむずかしいものはのせていません。また、ISSの軌道きどう変更へんこうにより、通過時刻じこく予報よほうから2〜3分ずれることがあります。)

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡ぼうえんきょう双眼鏡そうがんきょうを使わなくても、まちなかで肉眼にくがんで見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機ひこうきかと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅てんめつせず音もしないので、飛行機と区別くべつがつきます。

★ 次は5月26日ごろに見られる予定です。

ISS_orbit_20240511
ISS_pass_20240511
ISS_orbit_20240512
ISS_pass_20240512
(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)
タグ:ISS
posted by rihaku at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2024年05月08日

5月〜6月の月

★ 2024年5月〜6月(旧暦2024年4月)の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り後〜21時ごろの時間に月が観察かんさつできるのは、5月10日〜24日の間です。その後、5月25日〜6月8日ごろは、日の入り後〜21時ごろの時間、月明かりがなく星が観察しやすくなります。

 日付  月の出 月の入り
05/08 04:42 19:05 ● 新月
     09 05:22 20:18
     10 06:08 21:28
     11 07:01 22:29
     12 08:01 23:21
     13 09:03 00:04(翌日よくじつ
     14 10:06 00:39( 〃 )
     15 11:07 01:09( 〃 ) ◐ 半月(上弦じょうげん
     16 12:06 01:35( 〃 )
     17 13:03 01:58( 〃 )
     18 13:59 02:21( 〃 )
     19 14:54 02:44( 〃 )
     20 15:51 03:08( 〃 )★ スピカと接近
     21 16:50 03:35( 〃 )
     22 17:51 04:07( 〃 )
     23 18:55 04:44( 〃 ) ○ 満月
     24 20:00 05:30( 〃 )
     25 21:03 06:25( 〃 )
     26 22:01 07:29( 〃 )
     27 22:51 08:37( 〃 )
     28 23:34 09:48( 〃 )
     29(月は上りません)
     30 00:10 10:58
     31 00:41 12:07 ◑ 半月(下弦かげん
06/01 01:10 13:15
     02 01:38 14:24
     03 02:07 15:33 ★ 火星と接近
     04 02:39 16:45
     05 03:15 17:57

月の満ち欠け2023.jpg
タグ:
posted by rihaku at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2024年05月05日

火星食

★ 5月5日の昼間、火星食かせいしょくが見られます。
火星食とは、火星が月にかくされる現象げんしょうのことです。
★ 奈良では、火星は12:06に月の上がわ(明るい側)からかくれ、13:16に月の下側(暗い側)からあらわれます。その間、火星は月にかくれて見えませんので、かくれる瞬間しゅんかん潜入せんにゅう)とあらわれる瞬間(出現しゅつげん)を観察かんさつしましょう。
昼間なので、肉眼にくがん双眼鏡そうがんきょうでは見られません。望遠鏡ぼうえんきょうを使って観察しましょう。その時、望遠鏡をうっかり太陽に向けないよう気をつけてください。

★ 次に奈良で惑星の食が見られるのは、2024年7月25日朝の土星食です。

火星食_20240505b.jpg
火星食_20240505a.jpg
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
タグ:火星食
posted by rihaku at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日食・月食・星食