2022年06月29日

7月の月

★ 6〜7月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
月が、日の入り〜21時の時間に見えるのは、6月30日〜7月15日の間です。その後、7月16日〜29日の期間は、日の入り〜21時の時間、月明かりがなく星が見やすいです。

 日付  月の出 月の入り
06/29 04:26 19:37 ● 新月
     30 05:17 20:24
07/01 06:13 21:05
     02 07:11 21:40
     03 08:10 22:12
     04 09:09 22:40
     05 10:08 23:07
     06 11:08 23:33
     07 12:09 00:00(翌日) ◐ 半月
     08 13:13 00:30( 〃 )
     09 14:20 01:04( 〃 )
     10 15:32 01:45( 〃 )
     11 16:46 02:35( 〃 )
     12 17:59 03:37( 〃 )
     13 19:07 04:47( 〃 ) ○ 今年一番大きい満月
     14 20:04 06:03( 〃 )
     15 20:51 07:18( 〃 )
     16 21:30 08:30( 〃 )
moon.jpg
タグ:
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年06月19日

七惑星と月が集合

★ 6月19日〜27日、明け方の東〜南の空で、太陽系の全惑星と月の大集合が見られます。朝4時ごろ、東の空から南の空にかけて、水星、金星、天王星、火星、木星、海王星、土星がこの順に一直線に並んでいるのが見られ、そこに月が加わります。
★ 金星、火星、木星、土星は肉眼でも簡単に見つけられますが、水星は高さが低くて見つけるのがむずかしく、天王星と海王星は暗いので望遠鏡か双眼鏡がないと見るのはむずかしいです。天気の悪い時期ですが、晴れた時は早起きして、太陽系を見渡してみましょう。

七惑星と月_20220619.png
七惑星と月_20220620.png
七惑星と月_20220621.png
七惑星と月_20220622.png
七惑星と月_20220623.png
七惑星と月_20220624.png
七惑星と月_20220625.png
七惑星と月_20220626.png
七惑星と月_20220627.png
(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成。月は実際の4倍の大きさ、惑星は実際の100倍の大きさで描いています。)

posted by rihaku at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年06月09日

季節の星座案内 〜てんびん座〜

★ 20時〜21時頃の時間帯だと、5月〜8月ごろに見ることができます。一番明るい星でも3等星なので、街の明かりがあるところでは見つけるのがむずかしいです。まわりが暗いところで、さそり座の右側をさがすと、左右逆さまの「く」の字の星の並びを見つけることができるでしょう。

星図カラー202206月b.png

★ てんびん座の物語
ギリシャ神話では、正義の女神アストライアーが公正を計る天秤とされています。今から3000年〜4000年くらい前、秋分のころの太陽はてんびん座の方向にあったので、昼夜の長さを等しく計るてんびん座になったとも言われています。

てんびん座a.png

★ てんびん座の天体
★ ズベンエルゲヌビ
白い3等星と少し黄色っぽい5等星が2つ並んだ二重星です。双眼鏡で2つの星に分けて見ることができます。くわしい研究では、それぞれの星がさらに二重星(全部で四重星)になっていることが分かっています。
ズベンエルゲヌビは「南の爪」という意味で、大昔、てんびん座がさそり座の一部だったなごりです。
月の通り道(白道)にあるので、時々月にかくされます(星食)。最近では2022年5月15日に月にかくされました。

てんびん座b.png
ズベンエルゲヌビ.png

紫色の大きい円は6〜8倍くらいの双眼鏡で見えるはんい(7度)、水色の小さい円は16倍の望遠鏡(国立天文台望遠鏡キットなど)で見えるはんい(2.5度)です。2〜4枚目の画像はプラネタリウムソフト Stellarium をもとに作成しました。

タグ:星座案内
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2022年05月31日

ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過

★ ISS(国際宇宙ステーション)の上空通過が、5月31日〜6月4日の夜に見られます。
特に、6月4日は奈良のほぼ真上を通過しますので、とても明るく見えます(マイナス3.7等級、1等星の75倍の明るさ)。いずれも、北西方向から南東方向へ通過してゆきます。
【見える時間】
 5/31 21:07 → 21:10(地球の影に入り暗くなる)
 6/01 20:19 → 20:24(地球の影に入り暗くなる)
 6/02 19:31 → 19:37
 6/03 20:19 → 20:24
 6/04 19:31 → 19:38

(※ 他に見られる日時もありますが、奈良からの距離が遠く、観察が難しいものは挙げていません。また、ISSの軌道変更により、通過時刻が2〜3分ずれることがあります。)

★ ISS(国際宇宙ステーション)は、望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、街中で肉眼で見えます。色はクリーム色っぽい白。飛行機かと思うくらい明るい(1等星の数十倍の明るさ)ですが、チカチカ点滅せず音もしないので、飛行機と区別がつきます。

次回は7月12日頃に見られる予定です。


ISS_20220531.png
ISS_20220601.png
ISS_20220602.png
ISS_20220603.png
ISS_20220604.png
ISS_20220604_orbit.jpeg
(画像は「Heavens Above」https://www.heavens-above.com/ より作成)
タグ:ISS
posted by rihaku at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工天体

2022年05月30日

6月の月

★ 5〜6月の月の満ち欠けと出入り時刻です。
日の入り〜21時の時間に月が見えるのは、5月31日〜15日の間です。その後、6月16日〜29日の期間は、日の入り〜21時の時間、月明かりがなく星が見やすいです。

 日付  月の出 月の入り
05/30 04:22 18:57 ● 新月
     31 04:59 19:55
06/01 05:41 20:50
     02 06:29 21:41
     03 07:22 22:26
     04 08:19 23:05
     05 09:17 23:39
     06 10:17 00:10(翌日)
     07 11:17 00:38( 〃 ) ◐ 半月
     08 12:17 01:05( 〃 )
     09 13:19 01:32( 〃 )
     10 14:23 02:01( 〃 )
     11 15:30 02:33( 〃 )
     12 16:42 03:12( 〃 )
     13 17:57 03:58( 〃 )
     14 19:13 04:54( 〃 ) ○ 満月
     15 20:24 06:01( 〃 )
     16 21:26 07:14( 〃 )
moon.jpg
タグ:
posted by rihaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空