2021年10月31日

10月天体観望会のお知らせ

★ 10月31日(日)けいはんな記念公園で天体観望会を開催いたします。秋の夜空に見える星座と、観望好期の木星、土星、アンドロメダ銀河、二重星団などを観望します。

★ 新型コロナウイルス感染症対策で接触を避けるため、望遠鏡を直接覗くのではなく、望遠鏡映像をモニターで観望していただきます。
みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越し下さい ★

★ 日時:10月31日(日)18:00〜20:00
★ 場所:けいはんな記念公園 芝生広場 西入口付近
★ 参加申込不要、参加料無料、時間内自由参加
★ 子どもの方は、かならず大人の方といっしょにお越し下さい。
★ 雨天、曇天時は中止です。(当日16:00までに当ホームページでお知らせします)

2021年はこの後、11/28、12/12に天体観望会を予定しています。

2021.08-12チラシ.jpg
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会

2021年10月25日

水星が観望好期

★ 10月19日〜11月4日頃、日の出前の東の低空に水星が見えます。
水星は太陽から28度以上離れないので、上ってから1時間もすると空が明るくなってしまい、ごくわずかな時間しか見ることができません。もっとも条件良く見られるのは10月25日ごろです。
★ 水星は地平線から5度くらいととても低くに見えるので、東の方向に見晴らしの良い場所で、明け方5:10〜5:40頃に観察してみましょう。1等星の2〜5倍の明るさなので肉眼で見えますが、双眼鏡があれば探しやすいでしょう。太陽を誤って見ないため、双眼鏡での観察は、太陽が上る6時ごろまでには終わるようにして下さい。
★ 11月4日には、細い月が水星の左下1.5度にまで接近します。

★ 水星へは、日本とヨーロッパの共同探査機ベピ・コロンボが向かっています。スイングバイ(水星の重力を利用した軌道変更)のため、10月2日に、最初に水星に接近して写真を撮影しました。ベピ・コロンボが水星の周回軌道に入るのは、2025年の予定です。

水星の次の観望好期は、来年1月上旬の夕方です。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
水星_20211019-1104.png
タグ:水星
posted by rihaku at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 観望好期

2021年10月18日

十三夜

★ 10月18日は十三夜です。十三夜は旧暦9月13日の夜で、十五夜(旧暦8月15日、中秋の名月、芋名月)に対し、豆名月または栗名月と呼ばれ、昔からお月見の風習があります。左側が少し欠けていて、十五夜とはまた違った趣があります。18日の月は、日の入り後の18時ごろには東の空、22時ごろには南の空、翌未明4時ごろには西の空、と一晩中見ることができます。

(画像は10月18日20時ごろの月の様子。NASA Scientific Visualization Studio より作成)
十三夜_20211018.jpg
posted by rihaku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空

2021年10月16日

望遠鏡工作教室を開催しました

奈良学園小学校(奈良市)で望遠鏡工作教室を開催しました。
★ 1時間目は 国立天文台望遠鏡キット を組み立てました。キットの筒の決められた部分に、レンズを種類と向きを間違えないようにはめ込んでゆきます。
★ 2時間目は、望遠鏡を三脚に取り付けます。天体を観察するには、望遠鏡を三脚にしっかり固定することが大事です。
★ 3時間目は、作った望遠鏡を使って屋外で操作練習です。天気はあいにくの曇りで、月を使った練習はできませんでしたが、遠くの街灯や看板、 信号機などを目標に、対象導入、ピント合わせの練習をしました。途中雲の切れ間から、金星、木星がのぞく時間が少しだけありました。うまく望遠鏡を向けられた人は、その美しさに感動されていました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました★
★ 望遠鏡工作教室C日程(11/13、11/27、会場:けいはんなオープンイノベーションセンター)は、現在 参加申し込み受付中 です。星や宇宙に興味がある、という小学生の方はぜひご参加下さいexclamation

望遠鏡工作教室_20211016a.jpg
望遠鏡工作教室_20211016b.jpg
望遠鏡工作教室_20211016c.jpg
望遠鏡工作教室_20211016d.jpg

posted by rihaku at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学教室

金星とアンタレスが接近

★ 夕方の南西の空では、金星が宵の明星として輝いています。金星はさそり座の中を移動中ですが、10月16日ごろにさそり座の1等星アンタレスに接近します。
最も近づくのは16日で、約1.5度に近づいて見えます。高さが10度と低いので、南西の方向に見晴らしの良い場所で、夕方18時〜19時頃に観察してみましょう。アンタレスは1等星ですが、金星(マイナス4.4等級)と比べると1/150の暗さです。高さが低いこともあって、肉眼で探すのは難しいかもしれません。双眼鏡を使うと探しやすいでしょう。

(画像はプラネタリウムソフト Stellarium で作成)
金星、アンタレス_20211016.png
posted by rihaku at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 接近現象